ニジプロジェクト(韓国合宿)チームミッションのメンバーと結果は?

Nizi Project(ニジプロジェクト) エンタメ情報
引用:NiziProject公式Twitter
スポンサーリンク

虹プロジェクト(NiziProject)第二弾となる韓国合宿が始まって2つ目の審査「チームミッション」。

メンバーのグループ分けと誰がチームリーダーに選ばれたのか、そして与えられた課題曲。

そしてチーム対決の内容と結果、また、J.Y.Park(パクジニョン)が選ぶ4チームのチームランキングもお伝えします。

 

 

 

韓国合宿、1回目の審査「個人レベルテスト」の順位は?

 

まずおさらいで、韓国合宿1つ目のミッションである「個人レベルテスト」の順位をご紹介します。

 

韓国合宿では最下位を2回とってしまうとその時点で失格、脱落となります

またキューブを獲得した数が多い程、デビューが近づくということになります。

 

 

個人レベルテストの結果は・・(★はキューブ獲得者)

1位 ミイヒ(鈴野未光)★

2位 マコ (山口真子)★

3位 リク (大江梨久)★

4位 マヤ (勝村摩耶)★

5位 リマ (横井里茉)★

6位 リオ (花橋梨緒)★

7位 ニナ (ヒルマンニナ)★

8位 マユカ(小合麻由佳)★

9位 アヤカ(新井彩花)★

————————————-

10位  ユナ (アン・ユナ)

11位  リリア(池松里梨愛)

12位  モモカ(平井桃伽)

13位  アカリ(井上あかり)

 

 

2回目の審査「チームミッション」の審査ポイントは?

 

2つ目のミッションは「チームミッション」

 

東京合宿でもチームミッションはありましたが、それとは大きく異なることがあります。

それは・・・

グループで対決しなければいけない、過酷な「チーム対決ミッション」だということです。

 

パクジニョンさんによって4つにチーム分けが行われ、それぞれチームリーダーと課題曲が決められました。

そしてくじ引きで対決する相手グループを決めることになりました。

 

2チームずつで対戦し、必ず勝敗が決められ、勝ったチームのメンバーは全員キューブを獲得することできます

 

YURIA
YURIA

チーム戦は責任重大です。

1人のミスが仲間全員のキューブ獲得に影響を与えますから。。

 

「勝ったチームと負けたチームは全く違う運命になります」とJ.Y.Park(パクジニョンさん)が語っていました・・・

 

J.Y.Park(パクジニョンさん)がチームミッションでチェックするポイントや目的は、各々がチームの中でどんな役割を担うのか、チームワークを主に重視して見るようです。

 

ガールズグループとしての姿をイメージすることができるかどうか、が大きなポイントのようですね。

スポンサーリンク




 

4つのグループのチームリーダーとそれぞれのメンバーは誰?

13名がパクジニョンさんによって4つのグループに分けられ、チームリーダーも発表されました。

 

● ニナチーム

ニナ・マユカ・リリア・アカリ

ニナチームだけ4名で、他より1名多いです。

元気いっぱいのチーム!

1つ目のミッションではニナ(7位)とマユカ(8位)がキューブ獲得。リリア(11位)とアカリ(13位 最下位)はキューブなしで、あとがありません。

 

 

● ミイヒチーム

ミイヒ・リマ・アヤカ

かわいいチーム!(パクジニョンさんが言ってました。)

1つ目のミッションではミイヒ(1位)、リマ(5位)、アヤカ(9位)で全員キューブを獲得しています。

 

● マコチーム

マコ・マヤ・リオ

1つ目のミッションではマコ(2位)、マヤ(4位)、リオ(6位)で全員キューブを獲得しています。

 

 

● リクチーム

リク・ユナ・モモカ

1つ目のミッションではリク(3位)がキューブを獲得。ユナ(10位)とモモカ(12位)はキューブなしでした。

 

※ここからはネタバレがありますから、まだ見ていない方、注意してくださいね。

↓↓

 

ニナチームのグループ名と課題曲とパフォーマンス動画

 

ニナチームのグループ名は「Seaside Fairies(シーサイドフェアリー)」

白いワンピースドレスの衣装がとっても可愛いです。

フェアリーっぽい!

 

パクジニョンさんが言うにはニナチームはパワフルなパフォーマンスをするように作ったチームだそう。

どれくらいパワフルでエネルギッシュか、そしてお互いにどれぐらい動きを統一させることができるか。他のチームより1人多いことを活かしたチームワークを重点的に見るとのこと。

 

課題曲は「TWICE」の『Dance The Night Away-Japanese ver.-

 

 

曲のイメージが4人のメンバー全員の雰囲気にピッタリ合っている感じで、凄く可愛くて見ているこっちまで踊りだしたくなりますね。

 

グループパフォーマンスでの動画がこちら↓↓

 

スポンサーリンク




 

ミイヒチームのグループ名と課題曲とパフォーマンス動画

 

ミイヒチームのグループ名は「Sun Rise(サンライズ)」

赤と白の衣装がとっても可愛い!

メイクも小物も似合ってる~

 

パクジニョンさんが言うにはミイヒチームは可愛い物の中でも一番かわいいパフォーマンスをするように作ったチームだそう。

 

YURIA
YURIA

パクッチのお気に入りの2人が入っているんじゃないのかな~

 

この3人のメンバーはもともと(可愛いパフォーマンスは)上手くできるジャンルなので、本当にうまくない限り驚きません!とjyパークさんはミイヒチームに高いハードルを設定し厳しい目で審査をするとのこと。

 

課題曲は「I.O.I」の『Very Very Very

 

 

こちらは作詞・作曲・編集の全てをJ.Y.Park(パクジニョン)が手掛けた中毒性のあるサビと振付が特徴の曲です。

 

歌とダンスがまだまだ不安定だと評価されながらもいつも成長を見せ続けてパクジニョンさんを驚かせているアヤカちゃんが、実力者のミイヒちゃんとリマちゃんと一緒にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、物凄く期待しちゃいますね!

 

グループ対決でのパフォーマンスがこちら↓↓

 

スポンサーリンク




 

「ニナチーム」vs「ミイヒチーム」どっちが勝った?結果は?

 

1つ目の対決チームは「ニナチーム」と「ミイヒチーム」です。

個人レベルテストと同じく、こちらのチーム対決も約1ヶ月の練習期間があったようです。

 

パクジニョンさんの見解(予想)は・・

「2つのチームの実力は同じくらいだと思うから、どちらが勝つか予想がつかない」とおっしゃっていました。

 

さて、勝利チームは・・・

 

それぞれのチーム、そしてそれぞれ個人個人がJYパークさんに物凄く褒められていました!!

誰もパクジニョンさんから注意や悪い指摘はされませんでした。

 

さて・・

「2チームのどちらが勝ってもおかしくない対決でした」と言ったJ.Y.Parkさんですが、、

 

YURIA
YURIA

みんな可愛いし、本当に上手~

気持ち的には1つ目のミッションで最下位になってしまったアカリちゃんの為にも、ニナチーム(シーサイドフェアリーチーム)が勝つといいな・・

でもミイヒチームはやはり強い。。

 

 

結果は「SUN RISE(ミイヒチーム)」の勝ち!

でした。

 

レベルの高いミイヒちゃんとリマちゃんに支えられて劇的な成長を遂げたアヤカちゃんが、一番光っていたのかも。

いやいや、みんな素敵でした。

 

最大の勝因をパクジニョンさんが話していました。

「ミイヒチームのメンバーは動きだけじゃなく表情とフィーリングまでもお互いにひとつになっていたから勝ちました。」

 

YURIA
YURIA

パクジニョンさんのコメントって本当に良いですよね。

ニジプロジェクトの中で誰のファンて?

パクジニョン氏が一番好きです、私。 笑

スポンサーリンク




 

リクチームのグループ名と課題曲とパフォーマンス動画

 

リクチームのグループ名は「Heart Maker(ハートメイカー)」

キュートな衣装ですね。

でも、、他のチームに比べると何かインパクトが弱いような・・

 

パクジニョンさんは少しリクチームを心配していました。

それは1つのチームとしてまとまるかどうか、そして上手く出来た時と上手く出来なかった場合の差がとても大きく出てしまうから、ということのようです。。

 

リクチームは3人それぞれの色がとても濃いので1つのチームとしてまとまるかという心配は少しあります。この3人が『Heart Shaker』を歌いながら、それぞれの実力・スター性も全て表現しながら果たして1つのチームに見えるだろうか・・

by J.Y.Park

 

曲をどれだけ徹底的に練習して自分たちのものに出来ているかどうかがポイントになりそうです。

 

 

課題曲は「TWICE」の『Heart Shaker-Japanese ver.-

 

 

恋を叶えたい少女の心がこもった、可愛くてハツラツなダンス曲。

 

課題曲を知ったりくちゃんは「ほんまに嬉しい~!!!」と大喜び。

ユナちゃもモモカちゃんもTWICEの可愛い楽曲にテンションが上がっていました!

 

リクちゃん以外の2人は個人レベルテストでキューブを獲得できていないので、ここでしっかりチーム戦で勝ってキューブを取っておきたいところです。

 

ユナちゃんはJYP練習生としてこれまで3年間程レッスンに打ち込んできたので実力はありますし、是非ともチームワークを見せて頑張ってほしいですね。

 

グループ対決でのパフォーマンスは・・

スポンサーリンク




 

マコチームのグループ名と課題曲とパフォーマンス動画


マコチームのグループ名は「Mr.お姉さん(Mr.맏언니)」

 

「맏언니」とは『長女』という意味で、韓国語で妹から一番上のお姉ちゃんのことを『맏언니(マドンニ)』と呼ぶのだそうですよ。

”ミスター長女”とは、、面白いですね。 笑

 

チーム名の由来は、そう、マコちゃん(19歳)・リオちゃん(18歳)・マヤちゃん(18歳)の3人が13人のメンバの中で最年長だからという理由だそうです。

 

揃いの白のパンツスーツがとてもカッコイイです。

お姉さん達、本当に素敵です。

 

マヤちゃんは見た目からもう個人レベルテストの時から別人になっているし・・・

 

これにはJ.Y.Park(パクジニョン)も驚いていました。

「3人が出てきた時にマヤさんを探しました。雰囲気が別人みたいです。」

 

ヘアスタイルとメイクを変えて、大胆なイメチェンをしたマヤちゃん。

 

マヤちゃん自身もまだ自分の姿に見慣れていないようで、動画などをみてどこにいるんだろう?と探してしまうそうですよ。

 

YURIA
YURIA

ストレートの黒髪も、ウェーブの茶髪もどっちも似合ってる!

神秘的でアンニュイな雰囲気から、優しい明るい雰囲気になって、本当にマヤちゃん自身も、プロのメイクさんの腕も凄いなって思います。

真っ直ぐな眉に、ブラウンのグラデーションの目元です。

 

マコチームは大人っぽいパフォーマンスをするように作ったチームで、パフォーマンスの完成度が見どころで、期待度が本当に高いんだ!とパクジニョンさん。

 

 

お姉さん3人が披露する楽曲は「Swing Baby」!

J.Y.Park(パクジニョン)さん本人の曲です。

 

パクジニョンさんが踊って歌うために本人が作った楽曲なので難易度がとても高いのです。

 

高い実力が求められるため、パクジニョンさんは「(見るのが?)少し怖いですね。高い実力が求められる。」と話していました。

 

 

課題曲は「J.Y.Park」の『Swing Baby

 

作詞・作曲・プロデュースの全てをJ.Y.Park(パクジニョン)さん本人が手掛けた華やかなスイング・ジャズ風の楽曲です。

 

ダンスが得意なマコちゃんとリマちゃんに、マヤちゃんがどこまで追いついていけるのかなと思っていましたが、、

ところがどっこい。。

 

3人の練習風景からはマヤちゃんのダンスをお手本にしてマコちゃんとリオちゃんが頑張っている様子が多く映し出されていて、2人が次のようなコメントをしていました。

↓↓

「マヤの表情を見ながら研究したり、マヤから学んだことは本当に多いし、もっと自分も成長しなくちゃいけないということを学びました。」

byマコ

「今回の『Swing Baby』にマヤが一番あってると思うくらい、リズム感がマヤはすごく良くて・・・」

byリオ

 

 

またお姉さん達3人は原曲の決まった振付をするのではなく、自分たちの個性を出そうと、なんと自分たちだけで振り付けを作ったのだそうです!

 

YURIA
YURIA

これは凄い!

振り付けを作ること自体凄いことですが、3人のチームワーク、みんなの意見をまとめていくリーダーのマコちゃんがまた素晴らしいですね。

 

3人の振付をチェックしたダンストレーナーさんが「鳥肌たちそう~良かった!」と驚いた顔で言っていたのも印象的でした。

「マヤさんの表情がとても良い!」

byトレーナー

 

オーディションでオリジナルのパフォーマンスを披露するなんて、どんだけの力があるの~!?

原曲を歌うJ.Y.Parkの前でどのように披露するのか、物凄い楽しみです・・

 

 

グループ対決でのパフォーマンスがこちら↓↓

 

!!!ビックリ。

J.Y.Park(パクジニョン)もマイクを持ったまま、余韻でなかなか言葉が出てきません。

 

パクジニョンさんの評価は、

「あ~・・・今はまだトレーニング期間中でデビューも決まってない練習生たちのステージだというのを忘れて見ていました。3人で踊るとき、腕の角度・動作の速さ・姿勢のすべてが3人で1人のように見えました。」

 

個人レベルテストで音程が不安定だと評価されたリオちゃんが歌(ボーカル)で一番褒められて、マヤちゃんはダンスで一番評価されました。

そしてマコちゃんはここまでの素晴らしいパフォーマンスに至るまでのリーダーシップを褒められ、チームワークを絶賛されました。

 

良かった~~!

本当にすごかったです。

 

そして、J.Y.Parkさんがチーム『Mr.お姉さん』のステージで一番驚かされたと話したのは、マヤさんの速く力強いダンスでした。

スポンサーリンク




 

「マコチーム」vs「リクチーム」どっちが勝った?結果は?


2つ目の対決チームは「マコチーム」と「リクチーム」です。

 

パクジニョンさんの見解は・・

「2チームとも上手く出来た場合と上手く出来なかった場合の差がとても大きいと思います。2チームとも上手く出来たとするなら、その曲をどれだけ徹底的に練習して自分たちのモノに出来ているかがポイントだと思います。」と話していました。

 

チームとしてまとまったパフォーマンスを見せられるか、がカギとなりそうですが・・・

 

さて、勝利チームは・・・

 

マコちゃんがリーダーを務める『Mr.お姉さん』には「3人が1つに見えた!3人みんながスターだった」と絶賛していましたが、、

 

リクちゃんがリーダーの『Heart Maker』のパフォーマンス終了後は、、複雑そうな微妙な表情を浮かべていたJ.Y.Parkでした。。

 

さて・・

 

結果は「Mr.お姉さん(マコチーム)」の勝ち!

でした。

 

レベルの高い3人、、

圧勝でしたね。

 

それにしてもパクジニョンさん、リクチームへのコメントは厳しかったですね。

 

「3人が全然バラバラで1つに見えませんでした。それぞれが個人テストを受けてるみたいだった」と話していました。

練習不足だということですね。

 

ただし、リーダーのリクちゃんへの評価は高く、「ガールズグループとして期待する全てのものを見せてくれた!」とリクちゃんの変化、成長にとても驚いていました。

 

モモカちゃんへのコメント、「人の目を気にしながら、試験を受けている感じでした。」というのは、なんとなく素人目に見てもそう感じてしまいました。

 

YURIA
YURIA

モモカちゃん、自信を持って頑張って!!

 

 

またユナちゃんには「JYPで3年以上も練習をしてきたのに、このJYPアーティスト(TWICE)のダンスをリクさんの方が何倍も上手に踊れていました!」って・・・

 

YURIA
YURIA

パクッチ厳し過ぎるよ。涙

ユナちゃん、ア然としちゃってましたよ・・

 

リクチームはとにかく1人1人の練習不足からチームワークを見せることが出来なかったことが最大の敗因だとJ.Y.Park(パクジニョン)さんが話されていました。

 

またマコチームのオリジナルの振り付けについては絶賛でしたね~

「振り付けを考えるセンスが素晴らしくて本当に驚きました。振り付けが音楽にもよく合っているし、センスがプロみたいでした。

by J.Y.Park

スポンサーリンク




 

J.Y.Parkが選ぶ、4チームのランキングとは?

TV番組「虹のかけ橋」の中で、古坂大魔王(ppp)がパクッチに「4チームのランキングをつけるなら?」と質問をして、パクジニョンさんが答えていました。

↓↓

 

1位 『Mr.お姉さん』マコチーム

2位 『Sun Rise』ミイヒチーム

3位 『Seaside Fairies』ニナチーム

4位 『Heart Maker』リクチーム

 

パフォーマンスのレベルが一番難しかった「マコチーム」が堂々の1位!!

 

YURIA
YURIA

納得です!

 

 

★ 虹プロジェクトを一番早く、そして完全版が見られるのはHuluだけですよ。

↓↓

Hulu

 

日本テレビの番組「スッキリ」や「虹のかけ橋」でもニジプロジェクトを放送していますので、それぞれ加藤浩次さんや古坂大魔王さんのコメントも面白くて見ていますが、だいぶカットされていますよね。

それがホント残念で。。

 

NiziProject(ニジプロジェクト)全部を見たいあなたはHuluで時間を気にすることなく楽しむことをお勧めします!

↓↓
Hulu

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。↓↓

Hulu利用料金はいくら?サービス内容と無料視聴期間と登録や解約方法!
動画配信サービス「Hulu(フールー)」の特徴やメリット・サービス内容、無料視聴のやり方や月額料金、登録・退会の手続き方法などをご紹介します。また今だけ提供されている、期間限定の無料配信サービス「在宅応援」の内容や無料期間についても調査しました。

 

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント