喜山いづみは船木誠勝の妻!職業や年齢と出身は?馴れ初めも調査!

舞台(唖然房、喜山いづみ) エンタメ情報
スポンサーリンク

プロレスラーの船木誠勝さんの妻は喜山いづみさんです。

ここでは喜山いづみさんの出身や年齢、職業について調べてみました。また夫婦の馴れ初めとはどのようなものだったのかも調査しましたよ。

 

「金曜プレミアム・妻は怒ってます!」に夫婦で出演する船木誠勝さんと喜山いづみさん夫妻。

プロレスラーであり俳優として映画やドラマなどでも活動されているモテ男、船木誠勝さんが選んだ喜山いづみさんとはいったいどんな人なのでしょうか。

 

船木誠勝と喜山いづみ、夫婦の馴れ初め・出会いとは

喜山いづみさんはその昔、劇団”唖然房”の看板女優でした。

その唖然房の舞台「旅の途中 Oh!マイ・フレンド」(1998年6月)で船木誠勝さんと共演したことが、出会いのようです。

船木誠勝さんにとっては再婚になりますね。

 

舞台共演ですぐに意気投合した2人は、船木誠勝さんが31歳、喜山いづみさんが24歳の時にご結婚されています。

船木誠勝さんが現在49歳ということは・・・単純に引き算すると、今から18~19年前ですね。

 

東京、中央区の銀座東武ホテルで行われた結婚披露宴には約200人が祝福に訪れ、盛大にとり行われたようです。

ちなみ、プロポーズの言葉が「試合で死んでも一緒の墓に入りたい!」だったそうで、、船木誠勝さんは本当に熱いイイ男です~。

 

喜山いづみさんの年齢は?

誕生日ケーキ(喜山いづみの年齢)

喜山いづみさんの情報をネットで探しましたが、全然見当たりませんでした。

でも・・・先ほどの結婚式の情報から計算するとわかりますね。

 

18~19年前の結婚した当時が24歳ということは・・・今は42~43歳!?

早生まれかどうかという問題もありますが、42歳前後ということで間違いはないと思います。

 

喜山いづみさんの出身は?

桜島(鹿児島市出身の喜山いづみ)

船木誠勝さんの妻で元舞台女優、という情報しかネットには出てこない喜山いづみさんですが、ご結婚当時の情報から、出身は鹿児島県鹿児島市であることがわかりました。

 

結婚式は東京の方で行われましたが、挙式は故郷の鹿児島市で行ったそうです。

 

喜山いづみさんの職業は?

舞台の写真(喜山いづみ)

喜山いづみさんは以前、劇団”唖然房”の看板女優でした。

舞台女優だったのですね。

 

そして、今の職業ですが・・・

まったく情報はありませんでした。

 

ただ、今晩放送される「金曜プレミアム・妻はおこってます!」に”恐れる妻”として登場し、そこで、夫である船木誠勝と対峙。教育法について悩みを打ち明けて、デビ夫人や加藤浩次などからアドバイスを受けるという内容の中で、現在の喜山いづみさんの生活や職業などがあかされるかもしれないですね。

番組で何かわかれば、追記していきます。↓↓

はい!番組の中でしっかり出ていましたので、ご紹介します。

 

今はプロレスラーの夫、船木誠勝さんのマネージャーをしています。

夫婦二人三脚で頑張っているということですね。

 

まとめ

喜山いづみさん(喜山は旧姓)。

以前は劇団”唖然房”の舞台女優で、今はプロレスラー船木誠勝の嫁(妻)であり、マネージャーをしています。

年齢は42歳前後で、出身は鹿児島県鹿児島市でした!

 

「金曜プレミアム・妻は怒ってます!」の中で、夫妻の1人息子、ライアンくんの教育法について話し合われています。

生後間もない頃からプロレスラーに育てるべく特訓させてきたという船木誠勝。喜山いづみさんは、息子の将来は息子が決めるべき、と真っ向から対決・・・

 

余談ですが、この番組の中で船木誠勝さんがライアンくんに行っていたこと・・・実は凄い理にかなった教育をされていて逆に驚きました。

1歳を過ぎた頃から鉄棒でぶら下がりをさせたり、船木さんがライアン君の足を抱えてライアン君に手押し車をさせている様子が放送されていましたが、これって幼児教室でまさにやりますね!

 

ざっくりとお伝えしますと、、

腕を伸ばして体を支える能力・支持力を育てることになり、それは中脳を育て、また中脳に繋がる間脳を育てることに有効です。

自己感情コントロールなど心に深く関わる中脳や間脳を正しく育て、また知性に関わる大脳前頭葉を大きく発達させることに大変有効な運動であり遊びなんですよ。

子供をプロレスラーにさせる為とかでなくても、、(笑)

1歳くらいの小さなお子様を育てているお母さんには是非、取り入れて頂きたい遊びです!

 

今回、この番組を見て、船木誠勝さんのファンになりました。

いづみさん、ライアン君、素敵なパパであり旦那さまとお幸せに~。

 

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント