丸山ゴンザレス(犯罪ジャーナリスト)の年収は?本名や経歴や結婚は?

ジャーナリスト(丸山ゴンザレス) エンタメ情報
スポンサーリンク

クレイジージャーニーに出演する丸山ゴンザレス。本名や身長、学歴・年収は?結婚はしているの?裏社会と繋がりがあると囁かれている怪しい経歴までを大調査。

犯罪ジャーナリストを名乗る丸山ゴンザレスの著書など、生き様を見ていきましょう。

 

丸山ゴンザレスの本名や身長・学歴など、プロフィール

名前:   丸山ゴンザレス

本名:   丸山祐介

愛称:   丸ゴン(マルゴン)

生年月日: 1977年(現在41歳)

出身地:  宮崎県仙台市

出身高校: 仙台育英学園高等学校

出身大学: 國學院大學

大学院:  國學院大學大学院

職業:   ジャーナリスト、旅行作家、書籍編集、ラジオパーソナリティ

身長:   非公開(推測175cm)

丸山ゴンザレスさん(本名:丸山祐介)は1997年生まれの現在41歳。

國學院大學に進学するまでは仙台在住で、出身校はあの高校野球で有名な「仙台育英学院高等学校」のようですね。

そして、國學院大學・大学院では考古学を専攻していました。

丸山ゴンザレスのブログには考古学者崩れのジャーナリスト、とあります。旅や格闘技も大好きなようですね。

 

國學院大學・大学院修了後は出版社に勤務していた丸山ゴンザレス。

出版社独立後はフリーのジャーナリストとして幅広く活動をしています。

 

ジャーナリストとして裏社会の取材や犯罪を追いかける活動、海外の危険地帯への取材などを重ね、「危険地帯ジャーナリスト」という肩書を持ってる丸山ゴンザレスですが、具体的にはいったい何をしているのでしょう。

 

答えは丸山ゴンザレスさん本人がインタビューでお答えになっています。

それは・・・メインの仕事は”書籍の編集者”なんだそうです!

 

その他、國學院大學大学術資料センター共同研究員も務めていますし、トークイベントをはじめ、テレビやラジオなどメディアでも活躍しています。

 

こわもてな見かけによらず、かなり知的な丸山ゴンザレスですね。

 

丸山ゴンザレスの年収は?

年収、札の写真

多才な丸山ゴンザレス。

書籍の編集を中心に、危険地帯への潜入や裏社会の人へのインタビューなども行っており、”体当たりルポ”や”地道な調査”を得意としています。

2つのペンネームを使い分けて編集者と作家を兼務したり、ラジオパーソナリティとしても活動しています。そしてテレビにも登場する。。

 

フリージャーナリストという職業柄、年収はピンキリではありますが、原稿料・出演料・講演料・広告料・書籍の印税などなど、活動による全ての収入を合わせると当然1,000万円は軽く超えているのでは、と推測します。

 

危険地帯に行っての体当たりルポ・・・

そんな命がけの危ない仕事、収入が低いと割に合わないですからね。

ただ、丸山ゴンザレスの仕事への原動力はお金ではありません。「自分が知りたいかどうか」なんだそう。知りたい!という気持ちこそが丸山ゴンザレスを危険な取材へと突き動かしているのです。

 

格好良いですね。

 

ジャーナリストの平均年収は?

ちなみに、ジャーナリストの平均の年収を調べてみました。

 

ジャーナリストとは新聞や雑誌、テレビをはじめあらゆるメディアに素材を提供する人のことをいいます。そして取材した情報を発信することで、正しい知識や現状を社会に広める役割を持っています。

 

さぁ、その年収ですが、厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査ではだいたい次のようになっていました。

・1000人以上の企業で平均年齢40.0歳の平均年収は・・・約800万円
・1000人以下の企業で平均年齢37.9歳の平均年収は・・・約600万円

いかがでしょう。

一般企業のサラリーマンよりは高い年収ということになるのではないでしょうか。

 

丸山ゴンザレスは企業に所属する記者ではなくフリーランスのジャーナリストであり、様々な活動を世間から評価されていますから、収入は1000万以上と思われます。

スポンサーリンク




丸山ゴンザレスの本、著書は?

丸山ゴンザレスは2つのペンネームを使い分け、様々な書籍を出版しています。

代表的な著書をご紹介します。

 

<丸山ゴンザレス>

  • アジア「罰当たり」旅行(2005年)
  • 旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ(2013年)
  • アジア親日の履歴書(2014年)
  • 海外あるある(2014年)
  • 闇社会犯罪 日本人vs.外国人(2015年)
  • 世界の危険に挑む99の言葉(2015年)
  • GONZALES IN NEW YORK(2018年)

 

<丸山祐介>

  • 図解裏社会のカラクリ(2007年)
  • 裏社会の歩き方(2008年)
  • 判決からみる猟奇殺人ファイル(2009年)
  • 男呑み 東京 男同士で呑める店100軒(2010年)
  • 幕末流星群(2010年)
  • 冒険家100の言葉(2010年)
  • 依頼人を救えー不安社会の深層(2011年)
  • 悪の境界線ー犯罪ボーダレス社会の歩き方(2011年)
  • ガレキ(2012年)
  • ブラック・マネジメント(2013年)
  • 図解 裏ビジネスのカラクリ(2013年)
  • そこまでやるか!裏社会ビジネスー黒い欲望の掟(2015年)

 

どの本も、タイトルが面白いですよね。怖そうだけど、気になるタイトルばかりです。体当たりインタビューから得た丸山ゴンザレスだからこそ書ける内容ですね。

共著には「フリーメイソンの秘密」なんてのもあり、かなり気になります。

私、Mr.都市伝説の関暁夫の話が好きなので(笑)

 

丸山ゴンザレスの新刊「旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ」最新版刊行

丸山ゴンザレスが編著した「海外旅行最強ナビ 最新版」が11月21日に発売されます。

それに伴い色々なイベントが企画されていますよ。

● 2018年11月23日(金)紀伊国屋書店・新宿本店
丸山ゴンザレス&世界トラベラー情報研究会トーク&サイン会

 

こちら、最新版です。↓

 

丸山ゴンザレスは結婚している?嫁は?

丸山ゴンザレスが結婚しているかどうか、なんか気になりますよね。

こんな危険な取材ばかりしている旦那、パパなんて・・・ご家族はさぞかし心配で、心労が絶えないのでは、と思って調べてみました。

 

結果、情報は出てきませんでした。

41歳というお年を考えると結婚していてもおかしくないと思いますが、国内外の危険地帯を渡り歩く丸山ゴンザレスですから、なかなか身を固めるのは難しいのかもしれませんね。

でも色々な情報を知っていて、きっと頭が良く、体格もいい丸山ゴンザレス。(笑)

ファンの女性は多いと思います。

   

丸山ゴンザレスと裏社会の繋がりとは

ピストル・裏社会(丸山ゴンザレス)

丸山ゴンザレスと裏社会、関東連合との関係が噂されているようですが、真相はどうなのでしょう。

 

これは黒い関係とか、関東連合のメンバー、・・・というものではなく、ジャーナリストとして裏社会を取材する中で関係ができたようです。

そして知り合った元メンバーの方とツイッターでやり取りをする間柄だそうで、飲みに行ったりもする良好な仲なんだそうです。

丸山ゴンザレスにとっては取材の一環でもあるのはないでしょうか。。

 

丸山ゴンザレスとクレイジージャーニー

「クレイジージャーニー」という松本人志と設楽統と小池栄子の番組で、丸山ゴンザレスが海外の色々な危険地帯に踏み込み取材する企画はとても面白く人気があります。

捨て子が行き場を失ってマンホールの地下に住み着いている様子を取材したルーマニアのマンホールシティなど、抗争が頻発し危険な場所である世界のスラム街を、それこそ体当たりで取材していますよ。

 

DVDは現在vol.7まで出ていますが、★5でレビュー評価が高い、こちらをおすすめします。↓

 

まとめ

丸山ゴンザレス。本名は丸山祐介さんでした。

國學院大學大学院まで修了し、考古学・旅・格闘技(危険地帯も)が大好きなフリージャーナリストですね。

年収はおそらく1000万円以上で、結婚はされていないのではと思います。

 

個人的にとても興味惹かれる活動をしている丸山ゴンザレス。

これからも体に気を付けて、世界中のミステリーなど、私たちの知りたいことを取材して伝えて欲しいなと思います。

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント