中谷昌文(社会貢献家)の年齢や出身や家族は?学歴や経歴が凄い!

中谷昌文の本 エンタメ情報
スポンサーリンク

「じっくり聞いタロウ」にエアマックスで44億円の大儲けをし、社会貢献活動家として活躍している中谷昌文(なかたによしふみ)さんが登場します。

年齢や出身地、嫁や子供、家族のこと、そして驚きの学歴や経歴についてお伝えします。

また評判になった中谷さんの著書もご紹介します。

 

 

中谷昌文(なかたによしふみ)さんって何者?年齢や出身地は?

 

名前:  中谷昌文(ナカタニヨシフミ)

生年月日:1967年4月23日

年齢:  53歳(2020年5月現在)

出身地: 広島県(今は東京在住)

職業:  社会貢献活動家

 

広島出身の中谷昌文さん、現在53歳です。

 

中谷昌文さんは現在「社会貢献活動家」として多方面に渡り活動しています。

『国際ビジネス大学校』という”自分の人生をデザインする力をつける為のイノベーションスクール”を創立して理事長をされていたり、『タイガーマスク運動 ランドセル基金』という団体を創って難病や親のいない子ども達にランドセルをプレゼントしたり、、

 

『一般社団法人倫理研究所』という社会教育団体で、経営者の方々が倫理経営を学ぶ”倫理法人会”の1つの地区の会長も務めているようです。

(※2019年11月の情報では、東京都倫理法人会東京都地区の地区長を務めていました。)

 

その他にも色々な会社の会長や理事、相談役などをしています。

 

華麗なる経歴。。

↓↓後で、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク




 

中谷昌文さんの学歴が凄い!

 

中谷昌文さんは高校時代の恩師の「保健体育の教師になりたいならここへ行け」という勧めで、その恩師が母校である愛知県の中京大学の体育学部に入学します。

 

中京大学を卒業後は希望していた地元広島の中学校の保健体育の教師となりました

そして熱血教師「なかよし先生」の愛称で親しまれますが、受け持っていた生徒の死をきっかけに中学校の先生を辞めてしまいます。

 

その後、留学のため米国に渡った中谷昌文さんはサンフランシスコ大学の経営学部に入学、卒業します。

そして1997年、30歳でアメリカから帰国した中谷昌文さんは中央大学の法学部に学士転入で3年生から入学し、アメリカとはまた異なる日本の法律を中央大学で学んでいます。

 

更に、中谷昌文さんは中国、北京大学の医学部も修了。

そしてイギリスのオックスフォード美容大学も修了!

この2つの大学は短期留学の制度を利用して学びに行ったそうです。

 

日本と海外の、学部も全然違う5つの大学で様々なことを学んできた中谷昌文さん、凄いです。

 

本当に素晴らしいなと思うのが、勉強してきたことや得たライセンスをしっかりその後の人生に役立て、多岐に渡って活動し、世の中に還元しているということですよね・・

 

スポンサーリンク




 

中谷昌文さんの経歴や肩書きにビックリ!

 

学歴にも驚きましたが、その経歴も凄いです。

 

地元広島の中学校の保健体育教師となった中谷昌文さん。

大学時代、バスケットボール部の副主将を務め全日本学生選抜選手にも選ばれるほどのスポーツマンだった中谷昌文さんは、当時弱小だったバスケットボール部の顧問になり、熱血指導で見事、弱小バスケ部を大会で勝利に導きます。

 

また障害児学級の担任として、筋ジストロフィーの少年と出会った中谷昌文さんは、この生徒の「修学旅行で東京ディズニーランドに行きたい」という想いを叶える為、学校に掛け合い、東京ディズニーランド修学旅行を実現させました。

でも残念ながら、少年は修学旅行の前に亡くなってしまわれたそうです。

 

この出来事が中谷昌文さんの人生の転機となったようです。

中谷昌文さんは教師を辞め、経営学を学ぶために裸一貫で渡米しました。

 

YURIA
YURIA

安定の公務員を辞めて、裸一貫で渡米って・・

凄いチャレンジャーですね!

 

米国留学中にはアルバイトを1週間に8種類もこなし、その中でアメリカ式のセールス方法を徹底的に勉強したそうです。

 

その後、約100万円程もする『ブリタニカ』の英語教材の販売で米国販売実績1位にもなり、またこの頃に日本で一大ブームを巻き起こすことになるNIKEのシューズ「エアマックス」と出会うことになります。

 

それはバスケの神様、マイケル・ジョーダンとの出会いから始まりました。

 

 

★こちらはブリタニカ・ジャパンの英語教材の1つのようです。↓↓

 

 

渡米先でマイケル・ジョーダンの超人的なジャンプを見て感激した中谷昌文さん。

マイケル・ジョーダンが指導にくるというバスケットボール教室に入門しようとするも18回も日本人だという理由で断られ、19回目でやっと入会し、マイケル・ジョーダンから直接指導を受けることが出来たそうです。

 

そしてこの時、マイケル・ジョーダンが履いていたシューズがナイキのカラフルなシューズでした。

 

カラフルなシューズを選手が試合で履くことは、当時のアメリカでは禁止されていましたが、ジョーダン(ナイキ)はあえて罰金を支払い、ナイキのシューズを履いていたそうです。

 

YURIA
YURIA

(ナイキは)罰金を払ってまでジョーダンにシューズを履いてもらい、ナイキのシューズを宣伝していた、ということですね。

 

この時ちょうどナイキの米国本社の社長が交代し副社長が社長になった時で、ナイキが日本にこれからスニーカーを持っていきたい、と考えている状況だったそう。

 

このような様子を見た中谷昌文さんは「これはいける、売れるぞ!」と、ナイキの役員に直談判し、個人契約に成功。

エア・マックスの日本での販売権を獲得することになるのです。

 

そして1995年、ナイキの「エアマックス95」は社会現象を巻き起こしました。

 

個人輸入という形で仕入れたエアマックスは仕入れ値¥5000円~8000円

それが5万、10万、30万という高値で爆発的に売れ、エアマックスの総売上高は44億円を記録したのでした。

 

中谷昌文さんはエアマックス2と3の販売に1年間ほど携わったそうで、約2万足は売ったそうですよ。

 

YURIA
YURIA

初めてのビジネスで、気付けば44億円てどんな感じなのでしょう。

凄すぎます~

 

その他にも武勇伝?がいっぱいあります。

 

日本人ハリウッドスターである「ショーコスギ」との出会いから、なんとハリウッド映画に忍者役で出演するなど、アメリカンドリームをまさに実感、体験したそうです。

 

しかし1997年30歳の時に帰国後、過労でダウン。

 

2ヶ月間の入院生活のなかで、再び自分を見つめ直したそうです。

 

「何の為にこの世で生きているんだ?何をしたらいいのか・・」と。

そして「社会に貢献できることをやりたい」という思いに至ったのだそうです。

 

中谷昌文さんはとても色々なことをされているので全てを調べきれていないかもしれませんが、、

「音楽俳優・モデル学校の運営」「自業養護施設の運営」「イベント企画制作会社」「映画製作」「児童クラブ」「学童保育・塾」「日本語学校」「人材派遣会社」「飲食事業」「美容事業」など次々と成功させていったそうですよ。

 

現在は、

・国際ビジネスホールディングスグループ 会長

・特定非営利活動法人 国際コンサルティング協会 会長

・社会法人倫理研究所 東京都倫理法人会東京都地区 地区長

・国際ビジネス大学校創設者 理事長

・志魂塾 発起人

・一般社団法人 国際美容機構 理事

・一般社団法人 国際ライセンスマネジメント機構 理事

・一般社団法人 国際総合スポーツ機構 代表理事

・一般社団法人 色彩芸術研究機構 理事

・一般社団法人 国民医療費削減推進協会 理事

などなど、7団体の理事を務めているようです。

 

そして、NPO法人の活動を中心としたビジネスモデルを打ち出し、営利目的だけでなく『社会に貢献できるビジネスコンサルタント』という位置づけで国内外で活躍されています。

 

東京ディズニーランドに難病の子供たちを連れて行く活動を25年以上も続けていたり、施設にランドセルを届ける活動「タイガーマスク運動ランドセル基金」を行っていたり、、

中谷昌文さんは社会貢献活動家であり、慈善事業家ですね。

 

YURIA
YURIA

見た目も似ていますが、本当にスーパーマンみたいです!

 

中谷昌文さんの著書、本

中谷昌文さんの本をご紹介します。

↓↓

● 「ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日に200円しか使えなかったら?」

楽天ブックスで見るならこちら。↓↓

 

★ Amazonで見るならこちらからどうぞ。↓↓

ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?

 

 

評判の良い中谷昌文さんの書籍は★5点満点中、4.5点を獲得していますよ。

 

これを読めば少しでも中谷昌文さんのような発想に近づけるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




 

中谷昌文さんの家族は?嫁や子供はいるの?

 

世界に愛と勇気を届ける為、「終身現役・年中無休」の精神で1日1日、与えられた命をフル活動しているという中谷昌文さん。

超お忙しそうですけど、お嫁さんやお子さんはいらっしゃるのでしょうか。。

 

それが・・

妻や子どもの情報は見つけられませんでした。

 

中谷昌文さんのご家族についてはお父さんとお爺さん(祖父)が代々、銀行家だったということ。

そして、お母さんとお姉さんと妹さんが美容関係のお仕事をされていること、がわかりました。

 

中谷昌文さんは3人兄弟で、上に姉、下に妹がいる、真ん中の長男だということですね。

 

YURIA
YURIA

姉妹に挟まれて、、中谷少年は優しい、おっとりした男の子だったのかもしれませんね・・

 

※ 奥さまやお子様のことなど、新しい情報がわかりましたら追記していきます。

 

「じっくり聞いタロウ」から中谷昌文さんを知ったのですが、凄い立派な方なんだということがよくわかりました。

社会貢献家としてのご活躍を陰ながら応援させて頂きたいと思います。

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント