太田百合子の経歴や年齢と家族は?おすすめのスマートスピーカーとは?

スマートスピーカー(太田百合子) エンタメ情報
スポンサーリンク

「マツコの知らない世界」にフリーライターの太田百合子さんがスマートスピーカーの専門家として登場します。

太田百合子さんの出身地や年齢などプロフィールと経歴や家族について、またおススメのスマートスピーカーの選び方や機能についてご紹介します。

 

太田百合子さんの年齢や出身地・職業などプロフィール

 

名前:  太田百合子(おおたゆりこ)

出身地: 大阪府(現在、東京在住)

生年月日:197?年2月20日

年齢:  40代(41歳~50歳)*2020年現在

職業:  フリーライター

 

1970年代の2月20日生まれの太田百合子さん。

職業はフリーライターです。

太田百合子さんがご自身で名乗られている肩書としては「テクニカルライター」・「物欲系テックライター」・「スマホ女史ライター」などなど、調べると色々と出てきました。 笑

 

「マツコの知らない世界」にはスマートスピーカーの専門家として出演します。

スポンサーリンク




 

太田百合子さんの経歴

 

大阪府出身の太田百合子さん。

小さい頃に父親が所有する電子ブロックで遊んだ影響からなのか、デジタルガジェットが大好きになったようで、、

ワープロからパソコン、携帯電話・・それからスマホやタブレットなどなど、新しいガジェットが登場するたびに自腹で購入し、気が付けば複数台のパソコンやタブレット、周辺機器を使いこなせるようになっていたそうです。

 

YURIA
YURIA

デジタルガジェットとは目新しい携帯型の電子機器のことです。

ガジェット好きという趣味が高じて専門家になったような感じですね。

 

タウン誌や情報誌・流通業界誌の編集を経て、フリーライターとして独立した太田百合子さん。

「MEDIAPLEX YZ.」を主宰しています。

 

1995年からはWEBサイトの企画・制作に携わる傍ら、インターネット情報誌やPC情報誌など多数の雑誌で執筆活動を行っています。

(この頃からIT家電を買っては試し、より動かない生活を模索し始めたそうですよ。)

 

ビギナーが安心して読める、とことんわかりやすい記事をモットーとしている”と語っている太田百合子さん。

ご自身で色々と購入し、試して得た経験に基づいた記事なので、初心者でも興味を持ちやすい内容になっているのでしょうね。

 

そして2017年、スマートスピーカーが日本に上陸し、面倒くさがり屋が更に加速・・・

2019年、不摂生と動かない生活がたたり「胆石」を患ったようです。

で、反省をしたそうです。 笑

 

 

太田百合子さんが執筆する雑誌やデジタルメディア

・「DIME」小学館

・「Yahoo!InternetGuide」ソフトバンクパブリッシング

・「日経ゼロワン」日経ホーム出版

・「DOS/V Magazine」ソフトバンククリエイティブ

・「プレジデント」

・「Mac Fan Internet」

・「週間アスキー」

・「日経ウーマンオンライン」

・「ITmedia」

などなど、他多数。

 

 

太田百合子さんがホームページ制作や原稿執筆に携わっている会社

・大阪ガス(株)

・日本電気(株)<NEC>

・(株)リクルート

・藤沢薬品工業(株)

などなど、他多数。

 

 

太田百合子さんの著書

・まぐまぐメルマガイド2000(メディアファクトリー)
スポンサーリンク




 

太田百合子さんは結婚しているの?彼氏は?旦那さんは?

 

太田百合子さんが結婚されているのか、子供や旦那さんはいらっしゃるのか調べてみましたが、TwitterなどSNSにはデジタル系の新しい情報が満載ですが家族の話はみつけられず・・すみません。

情報は公表されていませんでした。

 

番組の中で公開されていました!

太田百合子さんは独身です。

 

スマートスピーカーは太田百合子さんのご両親などご家族みんなで活用しているようです。

 

彼氏についての情報は見つけられませんでした。

何か新しい情報が判りましたら追記したいと思います。

 

スポンサーリンク




 

太田百合子、スマートスピーカー(AIスピーカー)の選び方は?

スマートスピーカー(太田百合子)

 

”最先端家電スマートスピーカーの世界”でスマートスピーカー専門家として「マツコの知らない世界」に出演する太田百合子さん。

 

9台のスマートスピーカーを使いこなし1歩も歩かない生活を実現する、自称「めんどくさがりな女性」として番組に登場しますよ。

 

※スマートスピーカーとは対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つスピーカーのことです。

話しかけることで様々なアクションを実行してくれますよ。

例えばインターネットサービスを利用した調べ物やニュースの読み上げ、音楽や動画の再生、連動した家電の操作まで行うことができるそうです。

 

そんな凄く便利そうで気になるアイテムであるスマートスピーカーですが、日本での普及率は約6%とまだまだ広くは普及していないそうで。。

番組では何故普及しないのか、という問題点として”トリガーワードが恥ずかしい”と分析していました。

 

YURIA
YURIA

トリガーワードとは「OKグーグル!」とか「アレクサ、音楽かけて!」とか、動作を開始するためのきっかけとなる命令(スマートスピーカーに呼びかけるワード)のことですね。

 

でも普及しない原因はスマートスピーカーの利用の仕方や活用方法がよくわからない、というのが一番の理由ではないかと思いますが・・・

 

番組ではスマートスピーカーの便利さに思いっきりハマってしまった太田百合子さんによって自宅が楽しくなる機能や裏技が紹介されるようですから楽しみです!

 

そこで太田百合子さんがおススメするスマートスピーカーとはいったいどれなのかをご紹介したいと思います。

 

番組の中で実際に使われるAIアシスタントはこの3つ。↓↓

・Googleアシスタント

・Alexa(アレクサ)

・Clova(クローバ)

 

日本で大きなシェアを占めている3社のAIアシスタントですね。

 

これらAIアシスタントを搭載したスマートスピーカーの中で太田百合子さんのおススメはどれか、具体的な内容は番組放送後に追記するとして、、

 

ここでは太田百合子さんがスマートスピーカーについて書かれたいくつかの記事を参考にスマートスピーカーの選び方や特徴・機能をお伝えします。

 

① 3社のAIアシスタントの特徴を比較する

まずはAIアシスタントの特徴をみて、使ってみたいAIアシスタントを絞り込むことがスマートスピーカー選びの第一歩なのだそうですよ。

 

Googleアシスタントの特徴>

Googleアシスタントはグーグルらしくネット検索(地図・翻訳)が得意何でも教えてくれる

・「OKグーグル」「ねぇグーグル」で起動。

太田百合子さんのおすすめポイント:画面を見たり触ったりする必要もなく声1つで調べて教えてくれること!

 

<Alexa(アレクサ)の特徴>

・Amazon(アマゾン)のAlexa(アレクサ)は多くのサービスとの連携が可能、買い物(出前の注文)が得意

・「Alexa(アレクサ)!」で起動。

太田百合子さんのおすすめポイント:過去に買った商品を学習し先頭に表示してくれるので、ルーティンでよく買うものを声だけで簡単に注文できること!

 

YURIA
YURIA

アレクサは使う人の好みを学習するってところが凄いですね。

学習機能により、好みを覚えて普段注文するお店や商品を見付けてくれるから便利ですね~

 

 

<Clova(クローバ)の特徴>

LINE(ライン)のClova(クローバ)は音声でLINEのメッセージのやり取りが可能

・「Clova(クローバ)」「ねぇクローバ」で起動。

太田百合子さんのおすすめポイント:声だけでラインメッセージを送ったり読んだり出来るので、高齢者や小さな子供などスマホで文字が打てない人も声だけでLINEができる!

 

AIアシスタントの特徴をみて検討することはもちろんですが、自身の生活の中でどのサービスを使いたいか、また使っているかによって選ぶAIアシスタントは決まってきますよね。

 

YURIA
YURIA

amazonプライムの会員ならおのずとAlexaを選ぶ、という感じかな。

余裕があれば、太田百合子さんのように全てのAIアシスタントを揃えて、用途に応じて使い分けてもいいですね。

 

 

② 純正品にするかサードパーティー製にするか選択する

AIアシスタントが決まったら、次にスマートスピーカー本体を選びます

 

スマートスピーカーはGoogle、Amazon、LINEが自ら開発・販売している純正品のものと、オーディオメーカーなどから販売されているサードパーティー製(互換機)がありますよ。

 

純正品はAIアシスタントとの連携がとてもスムーズ。

サードパーティー製は純正品にはない特徴があるものもあります。(動作環境によっては制限あり)

 

 

太田百合子さんの記事やブログに登場するスマートスピーカー

スマートスピーカーについての記事は色々とありましたが、ここでは6つの製品を紹介します。

また、太田百合子さんの評価を★で表したいと思います。

 

※こちらの記事を参考にさせて頂きました。↓↓

「買うならどれが正解?最新スマートスピーカー6機種を徹底比較」

 

 

<純製品>

● Google Home ★★★

● Amazon Echo ★★★★

● LINE Clova WAVE ★★

 

 

<サードパーティー(互換機)>

● ソニー「LF-S50G」 ★★★

● JBL「LINK20」 ★★★

● Eufy by Anker「Eufy Genie」 ★★

スポンサーリンク




 

太田百合子、おすすめスマートスピーカー(AIスピーカー)5選

上記記載のスマートスピーカーの中から★3つ以上の商品と、番組の中で紹介されていたおすすめのスマートスピーカーをご紹介します。

 

1. Google Home

・検索が得意で、事前登録した現在地から指定場所までの所要時間も音声で案内してくれる。

・マイク精度が高い!

・ニュースや天気予報、Googleカレンダーの予定を読み上げてくれる。

・対応する音楽サービス(Google Play Music<月額980円>、Spotifyなど)の視聴が可能。

・テレビ向けアダプター(Chromecast)と連携して音声操作で映画など動画を再生可能。

 

 

2. Amazon Echo

Amazon Echo

・kindleで購入した本の読み上げができる。

・プライム会員<月額500円>は音楽配信がお得に利用でき、Amazonで買い物もしてくれる。

・Alexaスキル(追加拡張機能)から使いたいサービス(料理レシピやニュースの読み上げなど)を選んで追加設定できる。

・タイマーやアラームのセットはもちろん、スポーツの試合結果や次の試合日程・レストランやお店も調べて教えてくれる。

・音声操作可能なサービスや機器が豊富。ダントツ!

 

 

3. ソニー「LF-S50G」

・NFC対応で、スマホとの接続が簡単。

・Bluetoothスピーカーとして便利に使えるのでスマホにダウンロードした音楽も再生できる。

・Google Homeと同等の機能が利用できる。

・オーディオメーカーのスピーカーらしくサウンド性能が優れている。360度サウンド!

・防滴なのでキッチン用スピーカーとしてもいい。

 

 

4. JBL「LINK20」

・バッテリー内臓だからどこへでも持ち出せる。

・防水性能&ワイヤレスなので、キッチンやお風呂用のスピーカーとしても使える。いい!

・Google Home同等のサービスが利用可能。

・JBLならではの音の良さ。広がりがあり重低音もしっかり響く、本格的なサウンドが音声操作で楽しめる。

・Bluetooth接続可能。

 

 

太田百合子さんが番組の中でも自身の記事ででも紹介していましたが、離れて暮らす家族とカメラ付きのスマートスピーカーを使ってビデオ通話することも便利だとおススメされています。↓↓

 

5. AmazonEcho Show 8 (エコーショー8) HDスクリーン付きスマートスピーカー

Echo Show 8

(↑クリックで商品ページを見ることができます)

 

・アレクサに話しかけるだけで必要な情報を一目で確認することができます。

・スクリーン付きのEcho端末、またはAlexaアプリを使っている家族や友達とビデオ通話を楽しむことができます。

・アレクサには3000種類以上のスキルがあります。

ニュースやラジオを聞いたり、レシピを確認したり英語の勉強やカラオケなどなど、色んなことができますよ。

 

 

コロナの影響で外出自粛の今、スマートスピーカーの生活を楽しむのもいいですよね!

 

ちなみに私は以前からAmazonプライム会員(月額500円)です。

だから自宅で過ごす時間が多い今、アレクサ対応のリモコンが付いたFire TV スティックが物凄い活躍をしてくれています。

家族みんなでアレクサに呼びかけて、見たい映画やYoutube動画、聞きたい音楽など色々楽しんでいます。

 

 

 

Fire TV スティック

(↑クリックでAmazonプライムやFireTVスティックの商品ページをチェックできます。)

 

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント