大澤数人の気絶演技が凄い!年齢や出身とスぺアク主役に選ばれた理由は?

大澤数人(スペシャルアクターズ)気絶俳優 エンタメ情報
引用:大澤数人(Twitter.com)
スポンサーリンク

気絶俳優の大澤数人(おおさわかずと)さんをご存知ですか?笑

「カメラを止めるな」で有名な上田慎一郎監督の劇場長編映画第二弾「スペシャルアクターズ」で緊張すると気絶する大野和人役として主役に抜擢された大澤数人さん。

その素晴らしい気絶っぷりで「ドッキリグランプリ」でも次々と相手を騙していましたね!

ここでは大澤数人さんの年齢や出身地などプロフィールと経歴、「スぺアク」の主役を勝ち取った理由、そして気絶演技についての世間の反応をお伝えします。

 

大澤数人さんの年齢や出身地などプロフィール

 

名前:   大澤数人さん(おおさわかずとさん)

生年月日: 1984年8月14日

年齢:   35歳(2019年11月現在)

出身地:  愛媛県

所属事務所:なし(フリーの俳優さんです)

 

大澤数人さん、35歳なんですね~

「ドッキリグランプリ」で見た時はもっと若いかと思いました。

 

童顔だからですかね、お若く見えます。

 

今現在はどこの事務所にも所属していないフリーの役者さんです。

殆ど無名の俳優さんだった大澤数人さんですが、映画「スペシャルアクターズ」の主役に大抜擢されテレビ番組「ドッキリグランプリ」でも大活躍をしましたので、今後、事務所への所属もあるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




大澤数人さんの経歴

 

中学生の頃から映画の世界に憧れていた大澤数人さん。

大学では写真について4年間、学んだそうです。

 

23歳の時に当時の恋人が衣装の仕事をしていた関係で自主映画に出演し、これが役者としての初の活動となったようです。

 

その後、2010年に熊切和嘉監督の「鶴園家のめまい」に出演、また他にもう1本作品に出演した経験があるそうですが、10年間で3本しか演技の仕事をしていなかったそうです。

 

しかし役者への道は諦めていませんでした。

 

「松竹ブロードキャスティング」のオリジナル映画作成プロジェクト第2弾、橋口亮輔監督の「恋人たち」のワークショップを受けたことで刺激を受けた大澤数人さん。

この時は残念ながらキャストにはなれませんでしたが、同プロジェクトのオーディションへの参加を決意します!

 

が、何度もオーディションの締切までに応募が間に合わず、オーディションすら逃し続けます。

 

そして第7弾のプロジェクトが上田慎一郎監督のオリジナル新作映画だと知った大澤数人さんは応募し忘れないように毎日スマホで確認!

そしてめでたくオーディションへの応募は果たすことができたのでした。

スポンサーリンク




大澤数人さんがスペシャルアクターズ(スぺアク)の主役に選ばれた理由

 

「スペシャルアクターズ」のワークショップには1500通以上の書類応募があったそうです。

その頂点に大澤数人さんが選ばれた理由はなんだったのでしょう・・

 

上田慎一郎監督とふくだみゆき監督(上田監督の奥さまでありスペアクの監督補を務めたかたです)の2人で1500人の中からまずは200人を選んだそうですが、これは写真から感じる魅力・目力がポイントの1つだったようですよ。

 

大澤数人さんはまず書類でふくだみゆきさんの目に留まり、「異様に気になる」「私の作品で活きる人ではないかもしれないけど、上田の作品なら主人公になりそうだな」と書類審査を通過!

200人の中に選ばれました。

 

オーディションで対面してからは、上田慎一郎監督に”目を離せない存在”として気に入られていたようです。

 

そして200人から50人に。

更に15人へと絞られていき・・

 

見事、大澤数人さんが主役の座を射止めわけですが、その理由が、、↓

(大澤数人さんの)存在そのものがつい見ちゃう。

(大澤数人さんの)次の言動が読めない。

(大澤数人さんは)サスペンスをつねに身にまとっている。

 

大澤数人さんが身につけている個性がキラリと光っていたようで、「彼を撮れば面白い作品ができる!」と思ったのが、主役に選んだ理由だそうです。

 

スポンサーリンク




大澤数人さんの凄い気絶演技に世間の反応は?

 

 

 

 

 

 

気絶俳優の大澤数人さん。

白目をむいて倒れ込む気絶演技に目が離せません!

今後のご活躍に期待ですね。

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント