そろばん(暗算)の効果はどう?何歳から?メリットやデメリットは?

育児ブログ 子育てブログ
スポンサーリンク

習い事にソロバン(珠算・暗算)はどうでしょう。

どんな効果があるのか、何歳から始めるのが良いのか、暗算はどうやってできるようになっていくのかなど、そろばんをやることのメリットやデメリット、中学受験など受験に有利なのかどうかもお伝えしたいと思います。

またそろばん教室の月謝や、何年続ければ何級を取得することができるのか、そして、おすすめのそろばんや問題ドリル・テキストなど、私自身や子供が習っている経験を元に感じた事をご紹介します。

 

 

ソロバン(珠算)の効果・メリットとは?

そろばんメリット

 

ソロバンは私自身が小学生の頃に習っていました。

そしてまた私の子どもも珠算と暗算を今、そろばん教室で教えて頂いています。

 

そろばんの効果としてよく言われていることは、次のようなことです。

↓↓

・集中力が身に付く

・右脳を鍛えることができる

・数字に強くなる

 

 

YURIA
YURIA

今のデジタルの時代にアナログのソロバンて・・

読み書きそろばん】なんて、時代遅れだよ。。と思われる方もいるでしょう。

でも、やっぱり勉強の基本のキであるソロバンはそれ自体ができるようになること以上に色々なメリットや効果があると私は思います。

 

 

 

集中力が身に付く

そろばんの時間は静かに、時間が計られている中で無心に珠(たま)を弾かなければいけません。

 

初めは簡単な問題を5分集中してやってみる!

そんなところからスタートして、最終的には珠算(ソロバン)は30分、暗算は12分という制限時間で検定試験を受験するまでに成長していくのです。

 

集中して数字に向き合うことで、集中力や忍耐力が養われるようです。

 

 

YURIA
YURIA

30分間集中することは子供にとって結構な(苦痛の)時間ですよね。

でも、初めは気が散って集中できなくても、だんだんと出来るようになってくるんですよ。。短い時間で区切って集中することは、メリハリがあって子どもに向いているし、集中力を養うにも丁度良いように思います

 

 

そして『集中できる』ということは勉強や学習効率がアップすることはもちろん、スポーツをする上でもとても役立つ才能となります。

 

 

 

右脳を鍛えることができる

 

子どもの習い事で良いと言われる『ピアノ』もそうですが、『そろばん』も指を使います。

これがまず脳の活性化に繋がるのだそうです。

 

YURIA
YURIA

赤ちゃんの時から指で何かを触ったり、少し大きくなると指を使って紐通しをしたり、おはじきを穴にいれたりして遊ばせますよね。それら指を使うことは脳に刺激を与え知能をアップさせると言われています。

ソロバンもそれと同じですね。

 

 

そして珠算ができるようになってくると、暗算も並行して取り組んでいくといいですね。

 

暗算は頭の中でそろばんの珠(たま)が動いて、そして計算がされていきます。

この時、脳の中ではイメージをつかさどる右脳が使われているのです。

 

右脳の[イメージを描く力=イメージ力]を鍛えることで、思考力や創造力(想像力)・ひらめき、そして記憶力をも養っていくことに繋がるのだとか。。

 

イメージ力というのは七田式やベビーパークといった幼児教室でも非常に大切だといわれています。

 

右脳をそろばんで鍛えることができる!というのは嬉しいことですね。

 

 

YURIA
YURIA

ちなみに・・私自身ソロバン歴は約1年間、小学生の時に3級まで取得しました。が、、ほぼ頭にソロバンは浮かびません。(残念)

暗算の訓練をそろばんと一緒に並行してやっていなかったのです。

子ども(現在小学3年生)は私自身の反省を踏まえて、そろばんと暗算を並行してやっています。

今は珠算2級、暗算は1級を取得していて、家族の誰よりも計算が得意で頭に珠が浮かぶそうです。いいなぁ。。

 

 

暗算をしている時は右脳が活発化している、ということは脳科学を専門とする河野貴美子さんの研究でもあきらかになっています。

 

● 脳に差が付くそろばんのすすめ


脳に差がつくそろばんのすすめ―科学が証明した“独創脳力”の秘密

 

 

YURIA
YURIA

脳を刺激するそろばんは子どもに限らず、大人にもとてもいいのです。

 

 

数字に強くなる(計算力・算数力)

 

そろばんの珠(玉)を1・2・3・・・と弾いていくと、1の位(くらい)から10の位になった時に隣に移る、位が上がると横へ横へずれて珠を置いていくことで視覚的に数字の繰り上がりが理解できるようになるのではないかと思います。

 

指を動かしながら計算の過程を頭で考え、ソロバンを使って視覚的に計算していく中で、計算力や算数力という力が身に付いてくるのでしょう。

 

数字への感覚が優れ、強くなってくると思いますよ。

 

 

 

YURIA
YURIA

桁の多い、「万」・「億」・「兆」などの大きな数字を見て、それだけで「うわぁ~~」と私なんかは思ってしまいますが、、

小3の息子は大きな数字に強いようで、へっちゃらです。(笑)

「いち、じゅう、ひゃく、せん・・・」と数を数えることもなく、すんごい大きい数を見ても、何も考えていないような様子でチャッチャとそろばんの珠を置いていきます。

小さい手で。。

 

 

数字に強くなってどうなるか、、

 

計算力が身に付いてくると、算数や数学が得意だと自分で思うようになるようで、学校での勉強にも自信がついてくるんですよね。

 

自信を持つことができる

 

これもソロバンを続けてきて良かったなと思えることの1つです。

 

 

そろばんのデメリット・弊害はある?

そろばん弊害

 

これは、、まさに今、子どもが直面していますね。

 

ちなみに私自身は何も弊害はなかったと思っています。

私は小学3年生~4年生くらいの時にそろばんを習っていたと記憶しているのですが、、

 

既に小学校で筆算の掛け算や割り算を習っており、筆算がしっかり身に付いた状態でソロバンをやったので、筆算も問題なくできましたしそろばんもどんどん(進級して)進んでいきました。

 

今、暗算1級を合格しているうちの子どもは、筆算を習う前にもう暗算ができてしまっていたので、「そんなにややこしく書いたりしなくても計算できる」とでも思ってしまっていたのか、学校の授業をあまり聞いていないのか・・、筆算をちょくちょく間違えます。

 

こんがらがっていますね。。

 

これが弊害かな、、と思います。

 

そしてもう1つ。

この4月から小学4年生になるので、この度、中学受験塾に入塾したのですが、計算の問題を工夫して解くように指導があるんです・・

 

これがやっぱり苦手なんじゃないかな、と思います。

 

「だって、そんな工夫しなくても出来るしー。」と下手に暗算ができるので、計算の工夫をしないまま、ついパッと答えを出してしまっていると思います。

 

でも大きな数字はまだ暗算1級でも扱っていないので、3桁×4桁とかになってくると筆算したり、工夫したりなどがやっぱり必要だな、と感じます。

 

<計算の工夫とは・・>

 

● 175-26=

→ 100を基準にして、75+74=149 差を考えて答えを求める。

 

● 7×16=

→ 7×10+7×6=70+42=112 分けて答えを求める。

 

● 37×99=

→ 37×100-37×1=3700-37=3663 分けて答えを求める。

 

 

私の子どもの今の現状を乗り越えるためには、筆算の解き方をしっかり身に付けるか、有段者になって暗算をもっともっと極めるか・・、暗算の工夫をするか、、

 

どうにかしないとですね。(笑)

 

 

ソロバンは何歳から始めるのがベスト?


くもんの玉そろばん120

 

・数字が書ける
・繰り上がりの計算ができる

↑↑

上記ができるようになったら、そろばんを始めることができます。

 

ソロバンは右脳への刺激があり、脳を育てる、と科学的にも立証されているようです。

 

そして右脳を育てるのに一番適しているのが幼児期までの時期だと言われています。(幼児教室談)

 

だから、繰り上がりの計算ができて数字が書けるのならば、早いうちからソロバンを始めて良いと思います。

 

ただ早くから始めると、引き算がわからない、掛け算がわからない・・などいくつも壁が出てくると思いますので、根気よくすすめていかないといけないですね。

 

 

また中学受験はせず、高校受験を考えているならば小学校で掛け算を習って、筆算が終わった後の小学校中学年くらいからソロバンを始めてもいいと思います。

 

私自身がそうだったのですが、計算の仕組みがわかっている状態からソロバンをスタートさせると、なにもひっかからず、壁を感じることなく、スーッとほぼ1年で3級まで取れましたから。(笑)

 

そのまま続けていれば、小学生の間に1級取得や段位まで取れたのではないかなと思います。

 

もしも中学受験を考えているなら、、

塾に通い始めるのが、だいたいの皆さん小学4年生からになりますので、それを考えるともう少し早くからソロバンを始める方がベターですね。

 

家でしっかりやっていれば別ですが、小学5年生や6年生になっての入塾は、入塾自体が厳しくなり、また授業についていくのも大変になると思います。

 

だから、中学受験塾に入塾する小学3年生までの間に珠算・暗算がそれなりに使えるようにする為には小学1年生くらいにはソロバン教室に通うなど、そろばんを始めるのが良いでしょう。

 

 

ちなみに、うちの子は年長さんの夏休みくらいにソロバン教室に通い始めました。

 

級は順調に上がっていきましたが、そろばんの検定試験と英検の試験がかぶるんですよね、、

3級より上の級(段)からは、年に3回しか試験が行われず、それがちょうど英検と同じ月になることが多いのです。

 

だから、英検も受けていたうちの子どもは何度かソロバン検定を見送ることがありました。

 

最短で考えて、だいたい珠算検定と暗算検定のそれぞれで1級を取得しようと思ったら、3年間ほどはかかると思いますので、小1くらいからソロバンを始めないと中学受験に差し障るのではないかと思います。。

 

ソロバンを始める時期は脳の発達を考えると早いに越したことはないとも言えますが、幼過ぎるとソロバンの習得には時間もかかり、手もかかりますね。

 

小学3~4年生(中学年)からのスタートだと掛け算を学校でマスターしてから始めることになるので、ササッと級を上げやすいと思います。。

が、脳のことを考えると若干遅いのかな、、と個人的には思います。

 

状況に応じてベストな時期に初めて良いと思いますが、おすすめは小学1年生くらいから!が良いと思います。

 

 

YURIA
YURIA

そろばんは大人になってから始めてもいいみたいですよ。

脳機能の活発化や認知症の予防にも効果があるようですから。

 

 

 

暗算はできるようになる?珠算から暗算への進め方とは?

そろばん1級問題集

 

そろばんを習えば暗算ができるようになるのでしょうか・・

 

これは、、ある程度の級まで達しないと結局そろばん(珠算)も暗算も身に付かないと私は考えています。

 

更に、珠算だけではなく、並行して暗算の訓練もすることが大切だと感じています。

 

 

私の子どもを見ていると、初めは珠算だけをやっていました。

珠算検定5級に合格したくらいから、暗算をやりはじめました

 

暗算検定10級はとても簡単で、暗算を始めたばかりの頃から10級などはスイスイと解いていましたよ。

 

YURIA
YURIA

この時点で頭にソロバンを想い描けるものなんですねぇ・・

 

 

ちなみ、、私は3級まで取得しましたが、ソロバン歴はたったの1年です。

 

サッと3級まで取ってパッと辞めてしまったのが悪かったのか、、やり始めたのが遅かったのか、、頭にほぼソロバンは浮かばず、暗算はほとんどできなかったと思います。

(今は完全にできません。。珠を動かす傍から、珠がどんどん消えて・・イメージできなくなっています。)

 

ただ、ソロバンは今も使えるので、子どもに教えることは出来ました。

だから、習った甲斐はあったと思っていますが・・

 

YURIA
YURIA

ソロバンの正答率なら子供に負けません!(笑)

 

 

私自身の経験と子供の結果から、ある程度ソロバンができるようになったら、暗算も並行してやっていくこと

 

これが暗算上達のポイントだと感じています。

 

 

暗算トレーニングにはフラッシュ暗算の無料アプリも有効的!

そろばん教室ではフラッシュ暗算を導入している教室もあります。

 

※ フラッシュ暗算とは・・
パソコンやスマホなどの画面にフラッシュ式に出てくる数字を足し算するものです。

 

でも、教室でフラッシュ暗算に取り組めない場合やオプション料金を少しでも削りたい場合は、スマホの無料アプリを利用してフラッシュ暗算の練習をすることもできます。

 

スマホ画面に、設定した間隔で、設定した桁数の数字が、設定した数だけ表示されるようにできますので便利です。

 

練習をするにはアプリもおすすめです。

 

YURIA
YURIA

うちの子は書かれた数字をみて暗算はできますが、口頭で数字をババーッと言っても「(数字を)書いてくれないとわかんなくなる~・・」と言って答えられないこともあります、、

フラッシュ暗算などで、まだまだ暗算の訓練が必要だなと感じています。

 

 

 

珠算や暗算は中学受験・高校受験・大学受験に有利?有効?

そろばん 中学受験

 

ソロバンは脳を活性化する、ということは科学的にも立証されているようです。

 

そして集中力や計算力、記憶力など色々な力も養っていくことができるように感じていますので、そろばんを習うことは受験に有利に働くと言えると思います。

 

計算力でいうと・・

ソロバンを受験の会場に持ち込むことは当然できませんので、やはり暗算が出来るようになるまでは頑張って続けていく、という決意を持ってソロバンを始めた方がいいと思います。

 

 

YURIA
YURIA

一番上の子どもと2番目の子どもは幼稚園の年長さんの時に1年間、『そろばん遊び』のようなことをしていました。小学校にあがり、2人はピアノを続け、そろばんは辞めてしまいました。

今、そろばんのその字も、全く何も残っていません。

「指を動かす」ということにはこだわりましたけどね!(笑)

 

 

今、子どもは暗算は1級です。

1級だとまだまだパパッと大きな桁の数字までを計算することは難しそうです。。

 

段まで取らせたいなー、と思いますし、パパッと暗算ができると受験にも断然有利だと思います。

 

 

暗算1級の問題

暗算1級問題

 

<制限時間:12分>

  • みとり暗算 20問
  • かけ暗算  30問
  • わり暗算  30問

 

全80問で、500満点。

合格は400点以上(8割以上)

 

 

YURIA
YURIA

ざっくりですけど、1問を9秒で解いて書いていかないといけません。

暗算1級の検定試験は、8割以上の得点(400点以上)で1級合格となりますよ。私には全然無理です・・

 

 

 

珠算1級の問題

珠算1級問題

 

<制限時間30分>

  • みとり算 10問
  • かけ算  20問
  • わり算  20問

 

全50問で、300点満点。

合格は240点以上(8割以上)

 

 

YURIA
YURIA

珠算1級も8割以上正解して合格です。

確か・・暗算も珠算もそれぞれ「みとり」「掛け算」「割り算」で最低限とらないといけない点数があったと思います。(すみません、先生に今度聞いてみます)

こちらは1問36秒で解いて答えを書いていかないといけませんね。

小数点もあり桁も多いので、それだけで拒絶反応がでます、、

 

 

 

そろばん教室の月謝は?平均は?

そろばん月謝

 

ソロバン教室の月謝は他の習い事よりも比較的お安いです!

それがまたメリットでもありますね。

 

私のこどものそろばん教室の月謝は・・

↓↓

月8回 月額5,500円(税込)

月6回 月額4,900円(税込)

月4回 月額4,000円(税込)

 

日本珠算連盟によると、都内のそろばん教室の平均的な月謝は、

週3回、月額6,000円(1回1時間)

 

 

YURIA
YURIA

あれ!うちの子が通っているところより安い!

でも教室に何人の生徒がいて、先生が何人で対応してくださるのか。

暗算も珠算もみていただけるのか、検定(10級~4級)の実施はどのくらいのペースで行われるのか、、などソロバン教室を選ぶ際には色々と検討してみる必要があります。

 

 

 

ソロバンはどれがいい?たまの色は・・

そろばんの種類

 

そろばんを始めるとなると必要な物が、ソロバンですよね。

 

ソロバンにも色々あります。

木の種類も色々、珠の色がカラーになっているソロバンもありますね。

 

YURIA
YURIA

うちには(おばちゃんになっても暗算がパッとできる)母が昔々に使っていたソロバンなど、4つも家にソロバンがあります。

年季の入った母のそろばんは天然木材が使われているようで、良い音がします。そして珠に適度な重みがあって、弾いた時に玉がパチッとおさまる感じがするんです。プラスチックのように軽くふらふらしないのです。

 

 

4つを触って比べてみると、使い心地が違ういます。

 

ソロバンをはじくとパチパチと良い音がするものや、珠の重みがちょうどいい感じのもの、パチンと珠が気持ちよく止まるもの・・・

 

なんとなく使いやすいソロバン、使いにくいソロバンがあります。

 

人それぞれ好みがありますから、使いにくい・使いやすいは人それぞれだと思います。

 

それでもソロバンは正確さとスピードが求められますので、私は玉を弾いたときにフラフラっとする軽すぎる玉よりは、ピシッと止まる感じのソロバンの方が使いやすいと思います。

 

ではどんなそろばんがいいのかな、ということですが・・

ソロバンもやっぱり値段相応にできているようです。

 

お手頃のそろばんは木製ではなく玉が樹脂製(プラスチック)になっているものが多いです。

特にお安いものでは玉が軽くて不安定な感じがするのではないかな・・と思います。

 

ただ最近のそろばんは樹脂製玉でもはじきやすいようになっているようです、、

 

YURIA
YURIA

初めから高いソロバンは要らないと思いますが、子ども達にもそれなりの道具でやらせてあげたいですよね。。

やりにくいソロバンでスタートして、嫌いになって欲しくないですし、、

 

 

ちなみに、黄色い珠のそろばんは右脳にイメージしやすいようですよ。(そろばん教室談)

 

 

こちら、黄色い玉のそろばんで、木製のツゲ玉。

さらにワンタッチでご破算できるソロバンです。

↓↓

※ 画像をクリックすると商品を確認することができます。

 

● 雲州堂 ワンタッチそろばん23桁 ツゲ玉


雲州堂 そろばん ソロマチック 23桁 USM-103 ツゲ玉

 

イイそろばんですね。

 

ボタンを押すだけでワンタッチでご破算できる機能が搭載されているので、計算スピードが格段に上がります。

1秒を競う上級者にも使えると思います。

 

 

YURIA
YURIA

ま、ジャッと傾けて、シャーっと指でご破算するほうが気持ちはいいですけどね~

 

 

 

珠算・暗算の問題ドリル、おすすめテキストは?

ソロバンを教室に通わせずに家で教えるというのなら、解説が詳しいテキストが良いと思います。

↓↓

● はじめてのそろばん(珠算検定10級~3級に対応)


集中力&計算力アップ! かならずわかる! はじめてのそろばん

 

 

ソロバン教室に通っていて家でももっと練習したい場合には、こちらのお店がそろばんドリルの品揃えが豊富でいいと思います。

必要なテキストが見つかると思いますよ。

↓↓

● ちびっこそろばんスタートセット

 

 

↑↑こちら、「元気そろばん教室 楽天市場店」ではソロバンのプリントや問題集など、ソロバン関連商品の取り扱いが豊富なので、きっとあなたの必要とするものが見つかると思います。

 

またこのお店はメール便でのお届けも可能なので、送料が安く済み、その点もおすすめです。

 

YURIA
YURIA

コロナ禍でそろばん教室がお休みになってしまった時には、こちらで珠算や暗算のテキストを購入して家で少しずつやらせていました。

すぐに忘れてしまうから・・ね。

 

 

そろばんでも何でもそうですが、イヤイヤやらせても良くないので、楽しく、少しずつでいいから基本的には毎日取り組んでいく!

そうすると大きな成果が得られると思います。

 

成果が生まれると自信につながり、その他の事も意欲的にチャレンジできるようになっていく、、

 

 

そんなふうになると、とても嬉しいですね。

 

★ 幼児期の取り組みについてはこちらもどうぞ。↓↓

「中学受験」幼少期の過ごし方と取り組み!入塾までに必要な準備とは?
中学受験を目指した幼少期の過ごし方や取組むべき事、賢い子に育てる為に乳幼児から出来る事をおすすめの玩具や書籍・問題集と合わせてお伝えします。我が子2人の受験と幼児教室の先生としての経験から感じた「入塾までに必要な事」を年齢ごとに紹介します。

 

エイゴックスは講師の質が高く子供の英検対策におすすめ!親子で受講も!
オンライン英会話、Eigox(エイゴックス)講師の質が高く、英語上達の効果が非常に高いことを実感しています。子供への対応や英検対策も素晴らしく親子レッスンもOKなエイゴックスのおすすめポイントを、半年間活用して感じた成果と共にご紹介します。

 

 

子育てブログ中学受験
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント