和田朱美の砂時計専門店の場所はどこ?おすすめの種類や値段と通販は?

砂時計専門店(サブリエドヴェリエ)の和田朱美 エンタメ情報
スポンサーリンク

「マツコの知らない世界」に日本唯一の砂時計専門店「Sablier de Verrier(サブリエ ド ヴェリエ)」を開いた和田朱美さんが登場します。

数千個の砂時計を見続けてきた和田朱美さんがマツコに”いつまでも見続けられる砂時計”を紹介しますよ!

ここでは砂時計専門店(サブリエドヴェリエ)の場所やアクセス方法、お店で取り扱われている砂時計の通信販売について、おすすめの砂時計の種類や価格・お値段、また店主和田朱美さんのプロフィールをご紹介します。

 

和田朱美さんの年齢など、プロフィール

 

名前:    和田朱美(わだあけみ)

ニックネーム:ごんちゃん

生年月日:  1967年生まれ

年齢:    52歳(2019年10月時点)

出身:    静岡県

 

番組の予告映像を見ると、52歳とは思えないほどお若く綺麗な方ですね。

大好きな砂時計に囲まれた仕事は、毎日やりがいと生きがいを感じとても楽しいのでしょうね!

 

スポンサーリンク




 

和田朱美さんの経歴と砂時計専門店の店主になったきっかけ!

『マツコの知らない世界』10/29(火) マツコも大興奮「チーズケーキ」&永遠に眺め続けられる「砂時計」【TBS】

 

和田朱美さんと砂時計との出会いは和田朱美さんがまだ小学生の時・・

文房具店で見付けた砂時計に一目惚れしたことがきっかけとなるのです。

 

両親に買ってもらった砂時計。

その日から1日中、砂時計を持ち歩き眺め続け・・

砂時計の世界に魅せられて、どっぷりハマった和田朱美さんは子どもの頃から「大きくなったら砂時計屋さんになる!」と言っていたそうです。

 

和田朱美さんの経歴

1967年、静岡で生まれた和田朱美さん。

1985年、上京し東京の学校に進学。(2年間の学生生活なので短期大学か専門学校でしょう)

1987年、地元静岡のヤマハ株式会社へ入社し、勤務先である静岡へ帰郷します。

その後、転勤などで静岡、東京、神戸と移り住み、1993年に名古屋へ。

1995年、名古屋の人気スポット「覚王山(かくおうざん)」との運命的な出会いを機に、和田朱美さん28歳の時に脱サラし、小さい頃からの夢であった念願の砂時計のカフェショップ「Sablier de Verrier(サブリエ ド ヴェリエ)」を同年にオープンさせたのでした。

2013年東京都台東区谷中に店舗を移転

 

覚王山とは「名古屋市民が選ぶ住みたい街」第1位に選ばれたこともある人気のスポット。

名古屋市千種区にある覚王山日泰寺(かくおうざんにったいじ)を中心として広がる地域のことです。

日泰寺の参道を中心とした古い町並みとショップが並び、歴史を感じる名所や若いクリエーターによる個性的なショップ、有名カフェや雑貨店が入り交わるお洒落なエリアなのです!

 

和田朱美さんは覚王山におけるメディア対応、イベント対応など覚王山商店街内外全ての窓口を担当されていたようですよ。

 

一度は就職するも夢が捨てきれなかった和田朱美さん。

一念発起して日本唯一の砂時計専門店を開店させたとは、本当に素晴らしいことですね。

 

今では約100点の砂時計に囲まれた生活をしています。

 

スポンサーリンク




 

砂時計専門店「Sablier de Verrier(サブリエ ド ヴェリエ)」の場所・地図とアクセス方法

 

1995年に名古屋の覚王山エリアに砂時計店を開店。

砂時計のギャラリー&カフェを17年間営んだ後、2013年に東京都台東区谷中に店舗を移転しました。

今はカフェコーナーが併設された、砂時計&手作りアクセサリーのお店「サブリエ・ド・ヴェリエ」としてオープンしています。

 

フランスの片田舎にあるガラス職人の屋根裏工房をイメージして作られたという、3.7坪の小さなお店。

Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)はフランス語でガラス職人を意味するそうです。

 

具体的な移転場所をお知らせします。

Sablier de Verrier(サブリエ ド ヴェリエ)の店舗情報

住所:   東京都台東区谷中3丁目9-18

電話番号: 03-5842-1400

営業時間: 11:00~19:00

定休日:  不定休

カフェ併設:あり(3席)

アクセス

・東京メトロ千代田線「千駄木駅」2番出口から徒歩4分

・京成電鉄、JR山手線・常磐線「日暮里駅」北改札西口から徒歩5分

 

千駄木駅(せんだぎえき)からも日暮里駅(ひっぽりえき)からも近いですね。

サブリエ・ド・ヴェリエは谷中銀座商店街から1本入った細い路地裏に、ひっそりとお店を構えています。

 

和田朱美さんが店舗移転に選んだ場所は寺町である谷中です。

谷中に魅力を感じたのですね。

 

和田朱美さんが次のようにお話されています。↓↓

覚王山と同様に谷中は東京の真ん中にありながら寺院などがたくさんあり昔ながらの静かな街並みで時が少し止まった感じ。それでありながら、いろいろな店もあり活気がある。私のイメージしていた砂時計屋がある街の雰囲気にぴったり。

 

こちらにもカフェが併設されていますよ!

お席は3席。

砂時計をただ眺めているとゆったりとした時間が流れていく・・そんな時間を楽しめるようカウンター席が3席、用意されています。

 

ブレンドコーヒー(400円)や自家製ジンジャーエール(500円)など20種類ほどのドリンクとバゲットフレンチトースト(400円)が頂けます。

★カフェメニューについてはこちら →サブリエ・ド・ヴェリエ CAFE情報

 

スポンサーリンク




 

サブリエドヴェリエで取り扱う砂時計の種類と価格・お値段は?

 

和田朱美さんのお店には日本にたった3名しかいない砂時計職人にお願いして製作されたオリジナルの砂時計を中心に、造形作家による趣向を凝らした作品など100種類以上の素敵な砂時計が揃えられています。

デザインや砂の色を和田朱美さんが考えてから職人さんに依頼しているそうですよ。

 

取り扱われている種類をいくつかご紹介します。

 

● 音が鳴る砂時計

価格:¥3,450(3分計)

ガラスビーズを使用した砂時計で、砂時計の中の突起にガラスビーズが当たることでサラサラと涼しげな音がなります。

ガラスビーズがはじける様子も可愛いです。

 

● 星座砂時計

価格:¥4,537(3分計)

天板にそれぞれの星座をスワロフスキーでかたどって埋め込んでいます。

夜光砂時計なので、昼間の光を蓄えて夜の暗い所で砂が光るロマンチックな砂時計です。

星座をあらわす刻印プレートもついていて、贈り物にもおすすめです。

 

● 砂鉄砂時計

価格:¥2,100(1分計)・¥2,200(2分計)・¥2,300(3分計)

比重の重い砂鉄を使用した砂時計です。

1分につき1秒の誤差しかない、職人が自信を持ってお勧めする正確な砂時計です。

※砂鉄砂時計は他にも5分計・10分計・30分計・60分計もありますよ。

 

● フレンチ砂時計(木製フレーム)

価格:¥4,500(3分計)

砂時計の上下の天板が木製、支柱が金属製で作られています。

フランスで実際に使われていた砂時計の復刻版です。

 

スポンサーリンク




 

和田朱美(サブリエ・ド・ヴェリエ)おすすめの砂時計は?

 

まずはサブリエドヴェリエで1番売れている砂時計をご紹介します。

ランキング1位は・・

「フレンチ砂時計」¥4,500です!(3分計、高さ15.5センチ・直径5.5センチ)

 

次に和田朱美さんがおススメする商品を2点、ご紹介します。

サブリエドヴェリエ、一押しの商品1つ目は・・「オリジナル砂時計」の”2色砂時計”¥4,500です!(3分計、高さ12センチ・直径7センチ)

こちらは、落ちた砂が2色のグラデーションになる砂時計で、紫色の砂とキラキラした青い砂がとても綺麗です。

 

サブリエドヴェリエ、一押しの商品2つ目は・・

「星座砂時計」¥4,537です!(3分計、高さ10センチ・直径5.5センチ)

 

スポンサーリンク




 

砂時計専門店(サブリエドヴェリエ)の商品は通信販売・ネット通販が可能!

 

関東近辺の方は直接お店を訪れて和田朱美さんの砂時計の世界をゆっくり堪能することが出来ますが、遠方の方も可愛いサブリエ・ド・ヴェリエの商品をオンラインショップ(ネット販売)で購入することができますよ。

 

Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)の公式サイトの中に通販ページがあり、そこから購入が出来るようになっています。

★ サブリエ・ド・ヴェリエHPの通販サイトはこちら →https://sablier.ocnk.net/

 

スポンサーリンク




 

サブリエ・ド・ヴェリエではオリジナルの砂時計もオーダーできる?

 

もちろん、オーダーメイドが可能です。

いいですね!

 

よくあるオーダーは新婚旅行で訪れた土地の砂・甲子園の砂、または海底の砂など、思い出の砂を持ち込んでの依頼だそうです。

砂の数だけ思い出がある!ということですが、、

 

実はうちにもあります。

サハラ砂漠の砂が!笑

その他にもあと3つ、どこの国の砂か忘れてしまいましたが、ペットボトルに入れて海外から持ち帰っていました。夫が。

オリジナルの砂時計、作ってもらおうかな~

思い出の砂でのオーダーは¥4,200円からオーダー可能です。

 

他にも、好きな時間にして、特別な1点もののオリジナルデザインで・・など

形や素材、砂の色などにこだわった世界に1つだけのスペシャルな砂時計も作って下さるそうです。

 

思い出の砂でのオーダーもスペシャルオーダーもお店の公式サイトの中にある「お問い合わせフォーム」からまずはお問い合わせをして、それから注文するのが良さそうです。

詳しいオーダー方法は公式サイトに載せられていましたのでご確認くださいね。

 

★サブリエ・ド・ヴェリエの公式サイトはこちら → http://www5e.biglobe.ne.jp/~sablier/

 

スポンサーリンク




 

人気の砂時計!可愛い砂時計や気持ち悪い砂時計は?

 

思わず時間も忘れずっと見てしまう砂時計が「マツコの知らない世界」で続々登場するようで、とても楽しみなのですが・・

番組の中で、マツコが「うわぁ~これキモ~い!」と叫んでいた砂時計がありました。

 

それはきっとコレだと思います。砂鉄の砂時計 ↓

 

砂鉄の砂時計(マグネティックアワーグラス)

台座の中心に磁石がはめ込まれていて、この台座の上に砂時計の本体を乗せることで不思議なアートをガラスの中に作り出してくれます

砂鉄が落ちる過程が美しく(気持ち悪く?)ついつい何度もひっくり返してみいってしまいそうで、オブジェとしても楽しいですね。

砂が落ちきるまで約1分です。。

 

 

 

他にも不思議な砂時計が色々あります。

インテリアにもなり癒しにもなる素敵な砂時計です。↓

 

泡の砂時計(アワグラス)

泡がポコポコと小さな音をたてながら上に上がっていく砂時計です。

時間は正確ではなく曖昧。。

大きな泡・小さな泡、連続した泡・ゆっくりの泡など、ポコリポコリと刻まれる時間を楽しむための砂時計で、見ていてとても癒し効果があります。

 

 

 

オイルの砂時計(パラドックス ティータイマー)

ブルーに着色されたオイルが分裂し、小さなつぶつぶになってユ~ラユラ上に上がって行きます

全てのオイルが上の層に上がりきるまで、だいたい3分!

ストップウォッチのような正確さはありませんが、ティータイマーとしての役割はしっかり果たしてくれますよ。

ゆらゆら上がっていく様子を楽しみながら、贅沢な時間を過ごしましょう。

 

 

色々なタイプの砂時計がありますね。

番組の中でも色んな種類の砂時計が紹介されるようでとても楽しみです!

 

エンタメ情報
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント