スタディサプリで数Ⅲは独学可能!テキストは必要?効果的な使い方は?

スタサプ独学 大学受験
スポンサーリンク

数3を学校で履修していないけど、スタディサプリを使って独学で数Ⅲをマスターできるのか?

テキストは購入する必要があるか、おすすめの勉強方法や効果的なやり方は?

実際に使ってみてわかったスタディサプリの魅力、良いところや気に入っているポイントなど、体験談と感想をご紹介します。

 

 

★なぜ数Ⅲを独学しないといけなくなったのか、、についてはこちら。↓↓

数Ⅲ未履修で医学部に?高3から独学で可能?無謀な挑戦を応援すべき?
数Ⅲが未履修なのに高3から「医学部に行きたい」と言い出した娘。塾の助けを借りながら、自力で数Ⅲを学習することは可能でしょうか。無謀な挑戦を応援すべきでしょうか?現役医大生からのアドバイスや、受験科目に数3が要らない大学を調査し決断しました。

 

 

スタディサプリを選んだ理由!なぜスタサプなのか?

 

数Ⅲをマスターしなければならない!と決意した娘は、スタディサプリを使って独学で数3をやり始めました。

 

娘は中学生の頃からスタディサプリの個人会員になっていましたし、またコロナ禍で学校がオンライン授業を始めた際には学校全体で(団体)スタディサプリを導入し、ある一部の科目にいたっては学校の先生の授業ではなくスタサプの講座を視聴するよう指示も出されていました。

 

YURIA
YURIA

スタディサプリは娘の学校もそうですが、お友達が通う他の中高一貫校でも導入されています。

そういった面からも、信頼度が高いオンライン授業だと感じます。

 

 

だから、他のオンライン学習サービスよりもスタディサプリはうちの子供の身近に既にあったわけです。

 

また、河合塾マナビスに行きたい!と言い出した際にも

「スタサプはやめないよ。化学は絶対にあの先生(坂田薫先生)が一番わかりやすい。」

と言うくらい、娘はスタサプの化学を気に入っていました。

 

YURIA
YURIA

正直に言うと、、これまでスタディサプリを十分活用していたわけではありません。

全く見ていない科目もあるようでしたし、だいたい2~3日に1回15分くらいしか視聴していませんでした。

それでも「化学の成績が良いのはスタサプのお陰」とよく話していました。

 

 

河合塾マナビスも映像授業です。

 

お世話になっている河合塾マナビスで数Ⅲを取れば一番いいのかもしれませんが、とにかくお金も凄いかかるわけで・・

 

スタサプを真面目にやると凄い力が付く、ということを判っている娘は、「数Ⅲはとりあえずスタディサプリでやってみる!」と言い出したのです。

 

スタディサプリの話に戻しますが、、

スタディサプリ(映像授業)は個人個人のペースで学習できますので、娘のように高3までの間の2~3ヶ月で、一気に数Ⅲをやってしまいたいという場合にはとても便利です。

 

集団塾や予備校の授業などクラスに入って1つ1つ教えて頂くのは、有難いですが既に終わってしまった単元があったりして、数Ⅲを全く習っていない娘には難しいと考えました。

 

その他、Z会の医学部コースの数Ⅲなどもチェックしてみました。

でも、Z会の通信講座も自分のペースで出来るものではなく月ごとに行う内容が決まっていますので、自分のペースで進めていくことができないので今回は諦めました。

 

そして・・

 

河合塾マナビスではなく、生の授業を行う『河合塾』にも相談にいきました。

 

「この状況で医学部に挑戦ってどう思われますか・・・」

 

「この1年でというのは大変厳しいですが、チャレンジはしたいですよね?この高3の4月から始まる授業(ONE WEX講座:東大・京大・医学部向けの講座)をとることをおすすめしますが、今のままでは授業について行くことが難しいと思いますので、4月までの間に数3の基礎を独学でやって、それから授業に入るのが良いと思います。」

 

YURIA
YURIA

うーん、、とにもかくにも数Ⅲの基本的なことは独学で身に付けないとクラスにも入れない・・。

まずはスタサプでやってみよう!、ということになりました。

 

 

<スタディサプリを選んだ理由は>

・もともと個人会員で、お気に入りの先生がいたから。

・学校(団体)でも導入され、信頼性が高いと感じたから。

自分のペースで学習でき、短期間でのマスターも夢じゃないと思ったから。

・スタディサプリにはテキストが用意されていて使いやすいと思ったから。

・数Ⅲを教える堺義明先生の講座が噂通り解りやすかったから。

・とにかく安い。全教科を視聴できてこの値段は素晴らしいから。

・生授業だと1~2時間前から並ばないといけないような、50人~100人を満席にするような人気講師の講座が好きな時間に好きなだけ見えるから。



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

スタディサプリを使って数Ⅲを独学する効果的な方法とは?

塾選びのポイント、過去問のやり方、ヤル気を出させる方法

 

スタディサプリの数Ⅲにはレベルが3つ用意されています。

  • スタンダードレベル(教科書レベル~大学入試の基礎レベル)
  • ハイレベル    (大学入試の基礎~標準レベル)
  • トップレベル   (大学入試標準レベル~応用レベル)

 

調べて見ると、教科書レベル(定期考査の対策)から偏差値75以上(難関私大&国公立大学[旧帝大]の入試)も可能な応用まで、スタディサプリだけで対応するというではありませんか!

 

YURIA
YURIA

スタサプってそんなに良かったんだ!!

今までは河合塾マナビスとの併用で補助的に使っていたけど、、スタサプだけでもやる気さえあれば大学受験までいけるんじゃないの!?

 

ちなみに、数Ⅲの「スタンダードレベル」・「ハイレベル」・「トップレベル」には単元ごとにそれぞれ24講が用意されています。

 

YURIA
YURIA

・・・ということは、

数Ⅲの講座全てで、24×3=72 72講あるということです!

 

また1講それぞれ3~4つのチャプターにわかれていて、1つのチャプターが約10分~20分くらいあり、そして最後に(基本的には)確認テストがついています。

 

YURIA
YURIA

・・・ということは、、

だいたいですが、1講が1時間程あるので、数Ⅲ全部を視聴すると約72時間前後かかる、ということになりますね。。

問題をしっかり解きながらやると、もっと時間がかかります。

 

 

更に言うと、スタディサプリの講師陣はどなたも一流で、数Ⅲを担当している堺義明先生はこれまで河合塾や代々木ゼミナールなどの大手予備校で長年講師を務めた経験があります。

解説も丁寧で、数3初心者にもわかりやすいと評判です。

 

もうこれは自力でやるしかない!

スタサプとなら独学できる!

 

そう信じて、娘は数Ⅲスタンダードレベルをやり始めました。

 

どちらかといえば文系で数学は苦手だった娘が「解りやすくて面白い。」とまでいうスタディサプリの数3。

 

YURIA
YURIA

スタンダードレベルは数Ⅲ初学者でも理解できるくらい、教科書レベルの内容をしっかり丁寧に解説してくれます。

堺先生に基本を教わると「面白い!」とも思えるようになるみたいです。

 

 

親としては「(娘がそんな発言をするなんて)凄いな、スタディサプリ!」と思うのですが、さすがに解説は解りやすくても演習問題はやはりこれだけでは少ないのでは?と感じました。

 

 

YURIA
YURIA

だいたい1講につき6~8問程の練習問題があります。

具体的に言うと、数Ⅲスタンダードレベルの第1講『複素数の取り扱い』には確認テストを含めて5問しか問題がありません。

 

 

そこで、娘の高校の授業で実際に使っている教科書と青チャートを入手。

 

スタディサプリの解説と問題、そして教科書の問題、更に青チャートを使って数Ⅲを進めていくことにしました。

 

YURIA
YURIA

娘は他の教科の勉強もあるので仕方ないですが、毎日必ず1講ずつ進めているようです。

 

ではまず、、

娘なりに一番やりやすいと思った進め方をお伝えします。

↓↓

<スタサプ 勉強の仕方(スタンダード編)24講>

 スタディサプリの各講(第1講~)の各チャプターの解説を視聴、問題を解く

 スタディサプリの各講(第1講~)の確認テストを行う

 学校の教科書(または他の参考書)でスタサプで取り組んだ単元と同じ単元の問題を解く

 上記①~③を(第1講~第24講まで)繰り返し、スタンダードレベルが全て終わった後にその内容に対応する青チャートの中の問題をやる。

⑤ ①~④を3回は繰り返す。

 

娘はスタサプ専用の数Ⅲスタンダードのテキストを購入して使っています。

(無料でダウンロード、プリントアウトもできます)

 

YURIA
YURIA

ちなみに数Ⅲは初学者だけど、数Ⅰ・数Ⅱ・数A・数Bは出来る、という状態で数Ⅲを独学しています。

 

 

YURIA
YURIA

スタサプの講座を視聴し、スタサプの問題を解いた後に、学校で使用している教科書の例題を解くととても簡単に思える、と言っていました。

でも教科書の応用問題はちょっと難しいかな、という感じのようです。

 

 

では次に、、

諸先輩方の話など色々な情報をチェックして調査した結果の、スタディサプリ(数3)おすすめ勉強法と参考書(テキスト)をご紹介します。

 

<スタディサプリおすすめ勉強法、進め方>

 

  1. スタサプの各単元(1講)を視聴し問題を解く。
  2. 問題集や参考書を使い、スタサプで行った単元に対応する演習問題をやる。
  3. 「スタンダードレベル」24講まで、上記(1.2)を繰り返し、それを3周は繰り返す。

※ どこまでやるかは志望校や目的によるが、「ハイレベル」・「トップレベル」も上記と同じ要領で行う。

 


【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

 

 

スタサプ数3、レベルごとのおすすめ参考書・テキスト

数Ⅲ独学

 

スタディサプリを使って数Ⅲを独学する場合、それぞれのレベルに合わせてスタサプ以外にも演習問題をもっとやる必要があると思います。

 

その際に一緒に使うと良いおススメの参考書やテキスト・雑誌をまとめてみました。

 

【 スタンダードレベル 】

・「スバラシク面白いと評判の初めから始める数学Ⅲ」 シリーズ(Part1・Part2)

・数学Ⅲ 基礎問題精講

↓↓

※ ↓画像クリックでAmazon画面で確認することができます↓

●「スバラシク面白いと評判の初めから始める数学Ⅲ」 Part1

偏差値40前後の数学アレルギーの人でも初めから数学Ⅲをマスターできるように、高1・高2レベルの数学から語り口調で親切に解説。図解や例題も豊富。


初めから始める数学ⅢPart1

 

 

● 数学Ⅲ 基礎問題精講

数Ⅲを125のテーマに分け、「基礎問」→「精講」→「解説」→「ポイント」→「演習問題」で1つのテーマを完結。スムーズに無理なく学習できる。


《新入試対応》数学III基礎問題精講

↑クリックすると、Amazonで試し読みができます

 

【 ハイレベル 】

・チャート式基礎からの数学Ⅲ(青チャート)

・大学への数学 1対1対応の演習

↓↓

※↓クリックでAmazon画面で青チャートを確認することができます。↓

● チャート式基礎からの数学Ⅲ(数研出版)

理系受験生の必読書。日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。


チャート式基礎からの数学3

 

 

● 大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅲ

入試の標準問題を確実に解ける力を付けるための本。例題と演習題が1対1に対応し、学習テーマが着実に身に付く。

 

 

 

【 トップレベル 】

・やさしい理系数学

・理系数学の良問プラチ力 数学3

・大学への数学 数学Ⅲスタンダード演習

↓↓

● やさしい理系数学

中堅からやや難関大学の入試の合否を左右する頻出重要問題で、柔軟な発想力と数学的センスを磨くための良問200題(50例題+150演習問題)を精選。


やさしい理系数学

 

 

● 理系数学の良問プラチカ 数学3

微積分の考え方を身に付けることを目指して作られた問題集。基礎はある程度できているという前提で、易しいものから難しいものまで先入観なしに精選された76題を収録。


理系数学の良問プラチカ 数学3

 

 

● 大学への数学 数学Ⅲスタンダード演習

数学が得意で得点源にしたい人むけの問題集(雑誌)。約140題を収録。


数学IIIスタンダード演習

 

 

YURIA
YURIA

良い参考書・問題集は他にもたくさんあると思いますが、上記で紹介したテキストは色々と調べた上で評判の良い物、よく話題に上がっている物を厳選しました。

 






 

スタディサプリのテキストは購入すべき?どう?値段は?

スタディサプリテキスト

 

スタディサプリを使って勉強をする際に、スタサプ専用のテキストを買うべきかどうか悩まれる方も多いと思います。

 

スタサプのテキストは購入することもできますが、購入しないまま講座を受講(視聴)することもできますし、またテキストと同じ内容を無料でダウンロードし、印刷することもできます

 

実際に購入して利用した娘の感想と私が思うスタサプテキストのメリット・デメリット、そしてどんな内容が収録されているのかをお伝えします。

 

YURIA
YURIA

ちなみに、数Ⅲスタンダードレベルで1冊のテキスト、ハイレベルで1冊、トップレベルで1冊とそれぞれにテキストが用意されていますよ。

 

 

スタディサプリのテキスト、内容や値段は?

スタディサプリの【高3「スタンダードレベル」数学Ⅲ】のテキストで具体的な内容をお伝えします。

 

テキストはスタンダードレベルの24講に出てくる問題が全て収められた問題集(テキスト)と別冊解答の2冊セットになっています。

 

YURIA
YURIA

ちなみに、「ハイレベル」用のテキスト・「トップレベル」用のテキストとそれぞれテキストが用意されていますよ。

 

 

ページ数は扱われている問題の数に比例するのだろうと思うのですが、「スタンダードレベル」のテキストは問題集はピッタリ100ページ!

 

見開きの左側に問題、右側が<NOTE>となっており書き込めるようになっています

 

別冊の解答の方は1ページごとにそれぞれの第○講の問題と答え&解説が載っています。

 

YURIA
YURIA

見開きの左側が「第1講」、右側が「第2講」・・・という感じですね。

解説はかなりシンプル!

実際に講座を視聴して堺先生の授業を聞かないと、、

 

 

そして、テキストの値段は1冊どれでも1200円(税抜き、送料込み)となっています。

※ キャンペーンなどで価格が変更になることもあります。

 

 

スタサプテキストを購入するメリット

<印刷する手間がかからない>

かなりの量(数Ⅲスタンダードレベルで100ページ)のテキスト1冊分を印刷するには、インク代や用紙代など印刷代がかかってしまうし、手間がかかります。

 

 

<場所をとらない>

実際のテキストのサイズは問題集の方がB5解答の方がA5(A4の半分)です。

A4よりも小さく薄いので、場所をとらず良いです。

印刷をすると100枚のプリント(両面印刷だと50枚ですが・・)にもなり、管理も大変かなと思います。

 

 

<テキストに直接書き込むことができる>

先生の授業をメモしたりして、テキストを自分なりに解りやすく仕上げていくことができますね。

 

 

<復習に便利>

テキストがあれば一度視聴した映像授業をわざわざ見直さなくても、問題を何度も解いて復習することができる!と娘がいうメリットはこれでした。

 

YURIA
YURIA

娘はテキストに一切書き込んでいません。

何度も復習したいからだそうです。

書き込んで達成感を得たり、先生の解説を書き込むことで自分なりの解りやすい参考書にもなり得ると思いますが、使い方は人それぞれですね。

 

 

スタサプテキスト購入のデメリット

<テキスト代がかかる>

スタディサプリのテキストは1冊1,200円(送料込み)かかります。

全てのテキストを揃えるとなると、結構なお金が必要になってしまいます。

 

 

<購入から到着まで数日かかる>

スタディサプリのHPには、通常、配達に1週間~10日ほどかかるとの記載があります。

ヤル気になってすぐにでも取り掛かりたい!と思った時の1週間は結構長いですよね、、

それがデメリットになるかなと思います。

 

YURIA
YURIA

ちなみにうちの場合はテキストの注文日から4日後にメールで発想のお知らせがありました。

 

 

以上のことから、私としてはしっかりとやりこみたい絶対必須の講座はテキスト購入をおすすめします。

 

でもプラスαとして苦手な箇所だけを視聴したりするような場合は、その必要な部分だけを印刷すればいいと思います。

 






 

スタサプを使った感想!良いところ&お気に入りポイントは?

 

実際にスタディサプリを利用して数Ⅲを独学し始めた娘の感想と、親目線でみたスタサプのメリットをお伝えしますね。

 

はい、はっきり正直に言うと・・

娘はスタサプ信者になりました!(笑)

 

以前は坂田薫先生の化学の講座だけを視聴していて、(他の講座は視聴すらしていなかった)

「それだけでも大きな意味があるから、河合塾マナビスに通ってもスタサプはやめない!」と言っていました。

 

「学校の化学の授業は正直、、内職してる。。スタサプの先生の方が500倍解りやすい。スタサプだけで成績をとってると言っても過言ではない・・」

とも。

 

YURIA
YURIA

内職て・・授業中に他のことをしているなんて初めて聞きました。

でも化学の成績は全然悪くないです。ガーン・・

 

 

そしてこの度、数Ⅲをスタディサプリで見始めて、、、

 

「いい!!」

「ハッキリ言ってスタサプだけでもいけるんじゃない!?」

「私はスタサプ信者だわ・・」

 

と言い出しています。

 

スタディサプリについて、娘の一番おすすめのお気に入りポイントは、授業動画をスマホにダウンロードしてオフラインで視聴することができる、ということだそうです。

 

自宅でWi-Fiを使ってダウンロードしておけば、地下鉄の電車内など出先で、いつでもどこでも映像授業を視聴することができます。

 

 

YURIA
YURIA

通信料の節約にもなりますね!

スタサプの全ての授業動画をダウンロードすることができます。

 

 

私自身はスタサプの講座の内容は少ししかチェックしていません。

 

でも、一流のプロ講師陣やスタサプで提供されている科目や講座(小4~高3までの全学年の授業を受けることができる!)など、調べれば調べるほどスタサプ凄いな~と本当に感心しています。

 

しかも、それら凄いサービスを月額料金たったの¥1980円(税抜き)で受け放題、見放題ですよ!!

 

それに、子どもの日々の学習状況が登録している保護者のメールに送られてくるのも嬉しいポイントです。

 

YURIA
YURIA

受講講座の「講座名」と「視聴時間」・「問題正答率」が受講した翌日にメールで送られてきますよ。

 

YURIA
YURIA

いやーー、それにしても河合塾マナビス、、

よく面倒を見て頂いて親子で気に入っていますが、お値段の差にビックリです!同じ映像授業ですが、金額桁違いです。

 

 

★ 河合塾マナビスの料金についてはこちら↓↓

河合塾マナビスの入会金や受講料は高い?月謝や必要な費用はいくら?
河合塾マナビスの映像授業の講座料金(受講料)や学習サポート料・事務手数料の費用はいくらかかるのか。入会費や学費(月謝)に必要な合計金額を具体的にご紹介!東進ハイスクール(東進衛星予備校)と河合塾マナビスの料金を比較し、どっちが安いかも調査!

 

 

小学4年生~高校3年生までの映像授業を月1980円~で提供されるという、、

とんでもなく素晴らしいサービスのスタディサプリですが、私が思うに、一番そのメリットを感じられるのは高校生ではないかと思います。

 

もちろん小学生から利用することができますし、しっかりと目標を持って一人で頑張れるお子様なら、小学生でも中学生でもスタサプは大活躍すること間違いなしだと思います。

 

でも、、1人で映像授業を見て学ぶとなると、なかなか難しいかなと思います。

1番使えるのは大学受験に向かって一生懸命に頑張る高校生(浪人生)だろうなと、、小学生と中学生と高校生を育てている親としては思いますが・・(笑)

 

YURIA
YURIA

小中学生でも、保護者の監督があれば大丈夫だと思います!

 

スタサプは本当にイイです。

おすすめですよ。

 

★ スタディサプリの詳しいサービス内容や特徴についてはこちら↓↓

スタディサプリの利用価値!サービス内容や料金と評判や口コミは?
スタディサプリはどう?利用価値は?スタサプのメリットやデメリットをご紹介します。また入会金や月額利用料金、口コミや評判、コースによるサービス内容の違いや特徴も! 実際に子供が使っているので、実体験を元におすすめポイントや感想もお伝えします。

 

 

またスタサプだけでも成績アップや大学入試は可能だと思いますが、うちの子のように他の予備校や塾と併用するのもありだと思います。

 

塾や予備校に在籍していれば、自習室確保や質問への対応・大学の情報や受験対策についての膨大なデータなど、そのメリットがいかせられます。

 

YURIA
YURIA

スタサプをメインに学習をしつつ、塾では必要最低限の科目だけをとってメリットを最大限活用する、というのが節約できていいかもですね・・・

 

今、塾選びに迷われている方、無料体験が14日間あります!

是非試して、その良さを実感してみてほしいです。

 

 

スタディサプリを使って数Ⅲの独学が可能かどうかですが、、

今のところ娘はスタンダードレベルを毎日順調にこなしているようです。

 

その結果がどのようなものになるか・・・

模試などの結果をまた報告できればと思っています。


 

大学受験
スポンサーリンク
Yuria's Diary

コメント