RISU算数の体験談!効果はどう?サービス内容や特徴と口コミは?

RISU算数体験談 子育てブログ
スポンサーリンク

算数先取り学習ができるタブレット教材、RISU算数(りす算数)とRISUきっずの効果はどうか、サービス内容や特徴をご紹介します。

実際に使ってみて1番良いと思った機能や問題点だと感じた部分など、感想と体験談もお伝えします。

また口コミや評判についてもまとめました。

 

 

当サイトでは【RISUきっず】・【RISU算数】の1週間お試しクーポンを利用することができます。

通常、RISUは1年契約になりますが、当サイト専用のお試しクーポンコードを使うことで、1週間のお試しができます。

 

お申込時にクーポンコード『alv07a』を入力してください。

 

★ 小学校1年生前半までの算数 ★

↓<幼児対象はこちら>↓

【RISUきっず】

 

★ 小学校1年生~6年生まで(+中学受験用の算数+中学1~2年生の数学)★

↓<小学生対象はこちら>↓

【 RISU 算数 】

 

クーポンコードを使ってRISUのタブレットを1週間お試し体験できるキャンペーンです!

先着50名様限定です。

 

1週間のお試しのみで返品する場合は¥1980円(税込み)かかりますが、お試し後もRISUを続ける場合は費用がかかりません。

 

 

 

RISUきっず・RISU算数!コースの種類とステージ

リス算数セット一覧

 

RISUきっず・RISU算数とはチューターによるきめ細かいフォローもついた、算数に特化したAIタブレット学習です。

 

RISUには大きくわけて、2つのコースが用意されています。

↓↓

RISUきっず

RISU算数

 

 

 

【RISUきっず】の対象年齢と内容

RISUきっず問題

引用:RISU公式サイト

対象: 年中後半~年長のお子さま向け

内容: 1~の数(かず)を数えるところから、小学校1年生前半までの算数

問題数:全12ステージ(約900~1200問)

 

対象は年中さんからですが、もっと小さなお子様でも大丈夫。

数が読めるようになってきた頃が開始時期の目安です。

 

 

楽しいカラフルなイラストと問題文の音声読み上げ機能で、まだ文字を読めない幼児も楽しく学習することができますよ。

 

YURIA
YURIA

問題文の音声読み上げサポート機能はいいですね!

ひらがなや言葉の勉強にもなります。

 

 

 

【RISU算数】の対象年齢と内容

RISU算数教材内容

引用:RISU算数公式サイト

対象: 小学校1年生~

内容: 小学1年生~6年生までの算数+中学入試に必要な算数+中学1年生~2年生までの数学

問題数:全130ステージ(約9750~13000問)

 

 

RISU算数(全130ステージ)は更に4つのコースにわかれています。

↓↓

・小1~小3コース『小学低学年コース』→ 45ステージ(約3375~4500問)

・小4~小6コース『小学高学年コース』→ 48ステージ(約3600~4800問)

・受験基礎コース『アドバンスモード』→ 13ステージ(約975~1300問)

・数学基礎コース(中学1年~2年の数学)→24ステージ(約1800~2400問)

 

★ 受験基礎コース(アドバンスモード)はRISU算数を全て終了したお子さんが対象となり、中学受験に必要な算数を習得することができます。

また数学基礎コースは受験基礎コースを終了したお子さんが対象になります。

 

 

提供される問題量が大変多いです!

 

飽きずに楽しく続けられるように、問題をクリアしていくと謎の鍵を集めていくことができたり、ポイントを貯めて好きな物に代えることができたり、ところどころでヤル気が出るメッセージが表示されたり。。

 

YURIA
YURIA

子どもの心をとらえる面白い仕掛けが色々と用意されています!

無学年制なので学年を戻して復習することも、どんどんやり進めることもでき、算数基礎力の定着と、論理的な思考力や読解力まで培うことができます。

 

 

★【RISUきっず】・【RISU算数】の全てのステージ一覧とその内容については、こちらの記事にまとめています。

↓↓

RISUきっず・小学算数・受験基礎・数学基礎のステージ一覧まとめ
算数に特化したタブレット教材、RISUきっずとRISU算数(小1~小6・中学受験基礎・数学基礎)の全ステージ一覧表をまとめました。どんな内容の問題がどのステージで出題されるのか、利用者の平均的な学習速度(ステージクリアのペース)などをご紹介!

 

 

RISUきっず・RISU算数(リス算数)サービス内容と特徴!

リス算数ステージ一覧(低学年)

RISU算数公式サイト

りす算数ステージ一覧(高学年)

RISU算数公式サイト

 

RISUはお子さまの学習データを分析し、それぞれのお子様に最適なぴったりの問題を提供します。

 

東大など有名大学生によるメールフォローやレッスン動画など面白い仕掛けや特徴があり、まるでゲームをクリアしていくような楽しさがあります。

 

またRISU算数では、やらなければ基本料金だけ、やったらやるだけ基本料金にプラス利用料がかかる、という今までにない新しい料金システムが採用されています。

 

( ★ RISUきっずは基本料金だけで全てのステージを行うことができます。)

( ★ RISU算数の利用料には上限額の設定があります。)

 

 

<RISUきっず・RISU算数の特徴>

 

・AIが個人の学習データを分析し、1人1人にピッタリの最適な問題を配信

問題数が多い!同じような問題を繰り返し解ける。

・間違えやすいポイントや苦手分野を先生が映像でフォロー&アドバイス

間違いが多かった問題を忘れてしまいがちなタイミングで自動的に出題

無学年制なので、学年をまたいで復習や先取り学習ができる

・学習状況に応じた細やかなフォローがチューターから親にも届く

・楽しく学習を続けていけるような面白い仕掛けが満載!

タブレットは解約後も返却の必要はなく、そのまま使うことができる

・やったらやった分だけ、やらなければ基本料金だけの月謝(月額利用料)

※【RISUきっず】どれだけやっても基本料金だけで利用可能。

※【RISU算数】基本料金+やった分だけの利用料がかかる。(利用料金の上限あり)

 

 

 

上記の【RISUきっず】【RISU算数】の特徴をさらに詳しくみていきましょう!

 

① 1人1人にピッタリな問題を配信

りす算数実力テスト

(↑↑この「スタート」ボタンをクリックすると実力テストが始まるので、頑張って!)

 

 

RISU算数を初めて使用する時、算数の実力テストからスタートするようになっています。

申告している学年同等の内容から上の学年の内容まで、お子さんがどの単元をどれだけ理解できているのかチェックがあり、その結果、学力に応じた問題が出題されるようになっています。

 

YURIA
YURIA

ちなみに・・既に解けると判断された問題は、【ステージクリア】と表示されますが、それらは無料でいつでも解き直したり解説を見たりすることができますよ。

だから最初の実力テストは非常に重要です。料金に関わってきますから。。

 

 

 

② RISU(リス)は問題数が多い!

RISU算数ステージ

(↑↑ステージを選択する画面。クリアしていないステージは★がグレーアウトしているよ)

 

 

ステージ一覧からクリックで1つのステージを選択すると、次は25のステップにわけられた画面が出てきます。↓↓

risuステージ内の問題内容

 

 

RISUきっず・RISU算数にはそれぞれ数十個のステージが用意されていますが、各ステージはさらに25個のステップ(レベル)にわかれています。

そして、その1つのステップには問題が1問~10問程あります。

 

おおよそですが、1つのステージには問題が75~100問ほど入っています。

 

例えば、全12ステージある【RISUきっず】の場合は約900~1200問(12×75=900、12×100=1200)ほどの問題に触れることができるということです。

 

大量の問題をこなすことで、自然と考え方や解き方が定着していきます。

 

 

 

③ 間違えやすいポイントは先生のレッスン映像でフォロー

リス算数先生動画

(↑↑先生から届いた動画一覧の画面。)

 

例えば、、

先生からの動画はこんな感じです。↓↓

 

RISU算数のそれぞれのステージには、その単元の解説が用意されています。

 

基本的には自分でその解説文や図を見て理解し、それから問題にチャレンジしていくのですが、RISUでは1人1人の学習状況に沿ったアドバイス動画がチューターの先生から届くようになっています。

 

レッスン動画はRISUのタブレット上に表示され、どんどん溜まっていきます。

そして一度配信された動画はいつでも何度でも視聴することができるようになっています。

 

 

YURIA
YURIA

何回でも繰り返し見直すことが出来るのがいいですね!

子どもの学習履歴が細かくチェックされているようで、メールや解説動画がちょこちょこ、こまめに送られてきます。

 

 

 

④ 忘れてしまいがちなタイミングでの出題で効果的に復習!

りす算数復習問題

(↑↑復習問題が出てきたよ。)

 

 

算数は「わかったつもりでわかっていない!」ということがありがちです・・

説明を聞いて1度解けたとしても、1から自分ひとりでやってみるとよくわからない、、ということがありますよね。

なかなか定着がしにくいのです。

 

RISU算数では間違いが多かった問題が自動的に、忘れてしまいがちなタイミングで出題され、効率良く復習できるようになっています。

 

 

YURIA
YURIA

判っている問題まで解き直しをしていては、忙しい子供達の時間が勿体無いです・・

理解している問題全てをやり直すことなく、学習の成果に応じて問題が出題されるのはとてもイイですね!

 

 

 

⑤ 学習状況に応じたフォローがチューターから親にも届く

学習の状況がご丁寧に親のメールアドレスに届くようになっています。

 

その内容が、、

「今、褒めてあげてください!」とか、

「今、ステージ○○の××をやっていて、満点でクリアできましたよ!」

など。

 

また、しばらくRISUをやっていない時もメッセージをくれますよ。

「10日間ご利用が空いているようです・・」と。

 

さらに、先生から「ステージクリア、おめでとう!」の動画が届いたり、保護者にも解説動画(レッスン動画)が届いたりします。

 

 

YURIA
YURIA

月に1度だけ届く、、そんなものじゃないです。(笑)

うちの子どもはドハマりしてずっとRISU算数をやっている時があるので、1日に5通くらいメールが届いていました。

ステージをクリアすると(解く問題が多いと)、それに合わせて配信される先生からのメッセージも多いのだと思います。

 

 

 

⑥ 楽しく学習を続けていける面白い仕掛けが満載で飽きない!

RISU鍵

(↑↑鍵とポイントをゲットしました。)

 

 

まずRISUタブレットの画面が面白いです。

 

ゲームのような感じなんです。

強敵を倒して、どんどんステージを攻略していく。。中には鍵を持っている敵がいて、その敵を倒すと鍵がもらえる。。

鍵を集めていくと、最強のボスとの戦いが待っている・・みたいな感じです。(笑)

 

RISU算数では各ステージの問題を解いていくと鍵とポイントを集めることができるようになっています。

そのカギを集めるとスペシャル問題にチャレンジすることができ、ポイントを集めると色々な商品と交換することができるのです。

 

 

RISUポイント交換用プレゼント

(↑↑ポイントを貯めてプレゼントと交換することができますよ。こちらの商品はほんの一部分です。)

 

 

YURIA
YURIA

うちの子どもは本当に単純で。。

鍵を集めるまで、ずっと問題を解いています。(笑)

 

 

またすいすいテンポよく解いていると、RISUでは調子の良いタイミングを見計らって、突如問題が難しくなる『オニモード(鬼モード)』が発動!

突然難易度が変化して、子どもを退屈させたり飽きさせたりしないよう工夫されています。

 

そしてところどころで、「せんせいどうががとどいているよ!」とメッセ―ジもありますので、励みになるようですね。

 

 

うちの子はZ会の中学受験用のタブレット学習を小学3年生までやっていました。

(他にも、長女と次女はベネッセの進研ゼミやポピーといった通信講座もやっていました。)

RISUは算数だけ、Z会は算数・国語・理科・社会の4教科という大きな違いがあり、料金設定も異なります。

 

何を学びたいか、何を学習するのかで選ぶ教材は違ってくると思いますが、子どもの食いつき具合は断然【RISU算数】が上です。

 

画面がカラフルで、いかにも勉強!っぽくないんです。

だから取っつきやすい。

そして仕掛けが面白くて、飽きずに楽しくゲーム感覚で出来るからだと思います。

 

算数に特化してやらせたい、というお子さんにはRISU算数が良いですよ!

 

 

YURIA
YURIA

今は中学受験でも算数1科目受験が珍しくありません。

得意な科目(算数)を伸ばして受験するもあり、苦手な算数を克服するためにRISUを活用するもあり、ですね。

 

 

 

⑦ タブレットは返却不要!復習用の学習タブレットとして利用できる

RISUタブレット付属品

 

このサービスは非常に良いですよね!!

退会してしまうと当然ですが新しいステージに進むことはできません。

しかし退会後のタブレット返却が不要で、しかもこれまでやってきた全てのステージの問題を解約後も引き続き利用することができます

 

 

 

YURIA
YURIA

ずっと学習タブレットとして利用できるなんて素晴らしい!!です。

 

 

またこれまでに配信されていたフォローアップ動画も、問題と同様に視聴し利用することができます

こちらも当然ですが、解約すると成績に応じたデータ分析による新たなフォローやレッスンムービーは届かなくなります。

 

 

⑧ RISUの入会金や教材費は?月謝はいくら?

世帯年収 中学受験

 

RISUはこれまでにあまりないような料金システムで、良く考えられているなと思います。

ただ少し複雑なので注意が必要です。

 

まずRISUの大きな2つのコース、【RISUきっず】と【RISU算数】、両方共に「入会金」も「教材費」も「タブレット代」も「サポート料」もすべて無料で、料金は発生しません。

 

では必要な費用は、というと・・

【RISUきっず】→「基本料金のみ」で全て利用可能。利用料金は¥0円です。

【RISU算数】 →「基本料金」+毎月「利用料金」が発生

 

※RISUきっずが全て終了すると、自動的にRISU算数のステージ1に移行します。

※RISU算数の<受験基礎><数学基礎>コースには基本料金と利用料にプラスで毎月1980円(税込み)が発生します。

 

注意しなければいけないのが契約は1年契約、だということです。

 

1年間の基本料金は年額¥33,000円(税込)

毎月で割ると、基本料金として月額¥2,750円(税込)の費用がかかります。

 

 

YURIA
YURIA

「1年契約か・・・続けられるかどうか判らないのに高いなぁ」と思われた方。。

最初の投資は少し高いと感じますが、RISUではタブレット代金が無料です。タブレットは基本料金に含まれていると考えてみてはどうでしょう・・

また解約後でもタブレットはずっと活用することができますので、ある意味お得!!兄弟姉妹のお兄ちゃんお姉ちゃんが利用した後に、ずっと弟や妹も使用することができますしね。。

いきなり1年契約をする前に、RISUの1週間お試しクーポンを是非利用してみてRISUの良さを実感してくださいね。

 

 

次に【RISU算数】にかかる毎月末締で発生する利用料金についてですが。。

これがややこしいのです。

 

利用料金はどれだけ問題を解いたか(どれだけステージをクリアしたか)、学習速度に応じて月々の利用料が発生します。

 

 

※注意すべきポイントは・・

その月、その月々にクリアしたステージの数によって月額料金が設定されるのではなく、毎月クリアしたステージ数の累計によって月額料金が決まるということです。

 

累計ということが注意すべき点です。

 

↓↓

<利用料金の算出例>

ステージ1.0未満    ¥0円

1.0以上~1.3未満  ¥1100円(税込)

1.3以上~1.5未満  ¥1650円(税込)

1.5以上~2.0未満  ¥3300円(税込)

2.0以上~2.5未満  ¥5500円(税込)

2.5以上~3.0未満  ¥7700円(税込)

ステージ3.0以上   ¥9350円(税込)

 

※9350円は上限金額になります。

初月に限り、上限金額は6600円(税込)です。

 

★当サイト専用クーポン『alv07a』を使って1週間のお試し体験をし、そのまま継続される場合は、お試し期間中にどれだけステージをクリアしても1ステージのカウントになります。

 

クリアした累計ステージ数」÷「利用した月数」=月の利用料金

 

 

例を挙げてみます・・

↓↓

<利用料の算出例①クーポンなし>

1ヶ月目は3ステージクリア。2ヶ月目以降は毎月1ステージずつクリアしていくと、利用料はどうなるか、、

 

1ヶ月目:¥6600円(3ステージ÷1ヶ月=3 → 9350円のところ初月なので6600円)

2ケ月目:¥5500円(1ステージクリアで、累計4ステージ÷2ヶ月=2)

3ケ月目:¥3300円(1ステージクリアで、累計5ステージ÷3ヶ月=1.666・・)

4ヶ月目:¥3300円(1ステージクリアで、累計6ステージ÷4ヶ月=1.5)

 

 

<利用料の算出例②クーポンなし>

1ヶ月目は3ステージクリア。2ヶ月目はこれまでにクリアしたステージの復習をすることで新たなステージクリアはなし。3ヶ月目以降は毎月1ステージずつクリアしていくと、利用料はどうなるか、、

 

1ヶ月目:¥6600円(3ステージ÷1ヶ月=3 → 9350円のところ初月なので6600円)

2ケ月目:¥3300円(ステージクリアなし、そのまま3ステージ÷2ヶ月=1.5)

3ケ月目:¥1650円(1ステージクリアで、累計4ステージ÷3ヶ月=1.333・・)

4ヶ月目:¥1100円(1ステージクリアで、累計5ステージ÷4ヶ月=1.25)

 

 

<利用料の算出例②お試しクーポン利用

1ヶ月目はお試しクーポンを使って1週間の体験期間に3ステージクリア。2ヶ月目はこれまでにクリアしたステージの復習をすることで新たなステージクリアはなし。3ヶ月目以降は毎月1ステージずつクリアしていくと、利用料はどうなるか、、

 

1ヶ月目:¥1100円(お試し期間中に3ステージクリア→ 1ステージのカウント)

2ヶ月目:   ¥0円(ステージクリアなし、1ステージ÷2ヶ月=0.5)

3ヶ月目:   ¥0円(1ステージクリアで、累計2ステージ÷3ヶ月=0.666・・)

4ヶ月目:   ¥0円(1ステージクリアで、累計3ステージ÷4ヶ月=0.75)

 

上記はRISU算数の利用料金の算出例になります。

RISU算数は利用料にプラス基本料金がかかります。

RISUきっずに関しては基本料金のみで利用することができます。

 

 

YURIA
YURIA

risu算数の内容自体はとても良いと思うのですが、この料金設定はややこしいですよね・・

ただ逆に言うと、あまり使いもしないのに毎月高い月謝がかかる、というわけではないので、料金システムをよく理解して上手く使うととても良いシステムだと思います。

また当サイト専用のお試しクーポンを利用すると大変お得なので、是非RISUが気になっている方は利用してください。

 

↓↓

 

当サイトでは【RISUきっず】【RISU算数】の1週間お試しクーポンを利用することができます。

通常、RISUは1年契約になりますが、当サイト専用のお試しクーポンコードを使うことで、1週間のお試しができます。

 

お申込時にクーポンコード『alv07a』を入力してください。

 

★ 小学校1年生前半までの算数 ★

↓<幼児対象はこちら>↓

【RISUきっず】

 

★ 小学校1年生~6年生まで(+中学受験用の算数+中学1~2年生の数学)★

↓<小学生対象はこちら>↓

【 RISU 算数 】

 

クーポンコードを使ってRISUのタブレットを1週間お試し体験できるキャンペーンです!

先着50名様限定です。

 

1週間のお試しのみで返品する場合は¥1980円(税込み)かかりますが、お試し後もRISUを続ける場合は費用がかかりません。

 

 

※ 休会や退会方法、またお得に最安値でRISUを利用できる方法など、料金設定については詳しくまた別記事にてご紹介したいと思います。

 

 

 

リス算数を使った感想と体験談!

RISU算数

 

うちの小学4年生の子供にRISU算数を使った感想を聞いてみました!

↓↓

<子どもの体験談・感想>

・ステージをクリアしていくとどんどん難しくなっていって面白い

・鍵を集めたらできるスペシャル問題っていう面白い問題が楽しい

・頑張ってステージをクリアしたらポイントがもらえるから嬉しい

・自動で復習問題が出てきたり、先生からの動画が届いたよとお知らせがくるのがイイ

・集める鍵の数がだんだん増えていくから頑張って集めようと思う

 

 

<親の感想>

・子どもが楽しんでどんどん1人で問題を解いていくので、親としては嬉しい

・カラフルで楽しいイラストが豊富で、解説が解りやすいのが良い

・鍵を集めるとご褒美問題が出てきたり、ポイントを集めると好きな品物と交換出来たりなど、視覚的に解りやすく表示されるので子どもが夢中になる

無学年制なので先取り学習はもちろん、学年を戻して復習もできるのが良い

・子どもに合わせて問題が出題される

・RISUきっずは問題の音声読み上げ機能があり便利

 

 

うちの子は楽しくてしょうがない感じで、塾の勉強の合間のご褒美としてRISU算数をやっています。

今のところ、ゲーム感覚ですね。。

 

小学4年生ともなると全部自分で読んで、自分で答えて解説を見て、、

一通り全て自分1人で出来るので親は楽チンです。

 

YURIA
YURIA

見向きもされないタブレット学習や、勉強という認識でイヤイヤやるタブレット学習と違って、楽しんで学習ができているのがとても良いですよ。

 

 

子どもにとったら、鍵を集めたい!ポイントをもらいたい!という遊び感覚で問題を解いて、その中で新しく覚えることや発見があるようです。

 

 

RISU算数、一番良いと思う点は?

色々と良いと思う機能はたくさんあるのですが、私が1番良いと思うのは、AIによる学習データの分析、そして無学年制でどんどん自分のペースで進めていけるところです。

 

YURIA
YURIA

解説やヒントが充実しているので、小学4年生ともなると親がついていなくても1人で学習できる点もとても助かっています。

 

 

 

通常のタブレット学習では基本的に毎月のカリキュラムが決まっていますので、早く終わっても次の単元に進むことはできません。

でもRISUはどんどんそれぞれの子供のペースに合わせて進めたり、また戻って復習したりできるところがとてもイイですね!

 

1人1人の苦手を探知して、教材がその子どもに合わせて配信される機能は素晴らしいと思います。

 

 

 

RISU算数、悪い・問題だと感じる点は?

問題点については、私は特に感じません。

あえて言うなら、最初の投資が高い(1年間契約で税込み¥33,000円の基本料が必要)という点と、月々の料金設定がわかりづらいということでしょうか。

 

またうちの子どもがやっていて、これはどうなの!?と思ったことは、、

鍵をもらいたい!ポイントを早く貯めてプレゼントに交換したい!という気持ちがあり過ぎて、先に進まずに、既にクリアしているステージや低学年の問題を繰り返しやってしまうことでしょうか。。

 

 

YURIA
YURIA

うちの子は小4なのに小1の問題をやって嬉しそうにしています。

簡単な小学校低学年の問題をわざわざやってポイントを稼ごうとしています・・ま、無料だし復習にもなるので、何もやらないよりはマシなんですけどね。笑

もしも復習だけをしたいなら、休会にしておくと利用料金が節約できますよ!

 

 

 

 

 

 

りす算数の効果とは?

スタサプ

 

・問題量が多く、繰り返しチャレンジするうちに考え方や解き方が定着する

算数を面白い!と思うようになる

・問題を読むことで読解力や思考力が培われ、算数だけじゃなく国語力も養われる

・学年を戻り基礎を固めながら、しっかり1歩1歩、抜け(穴)無く進められて先取りもできる

 

 

算数はどれだけ問題量をこなすかが大切だと思います。

RISUタブレット教材は何度も何度も同じような問題が繰り返し出題されますし、また個人個人の学習状況をみて、間違えやすい問題をタイミングよく出題してくれますので、親としては安心感があります。

 

 

YURIA
YURIA

長女の中学受験では難しいことばかりやって、基本が抜けていたことで残念な結果になりました。

(今となってはご縁があった中学校で良かったと思っていますが・・)

どこに穴があるか、何を理解していないか、、これはずっと答案結果を追って確認していかないと、なかなか親でもわかりません。また塾でもそこまでは1人の生徒のことを見てくれません。

RISUではしっかりステップを踏んで1つ1つクリアしていくようになっていますので、大変有り難いです。

 

 

 

そして基礎問題から応用問題まで楽しんで解いていくうちに、自然とその単元で習得しなければいけないことが定着していきます。

 

またRISU算数は問題を自分で読んで理解しないと解けない問題も多いので、算数の力だけではなく国語力、読解力や思考力も養われると感じています。

 

自分のペースで先取りがどんどんできることも大変魅力的ですね!

 

YURIA
YURIA

中学受験をしないご家庭のお子様ももちろん、RISUでしっかり学校の勉強を予習&復習できますので、算数が苦手なお子様のとっかかりにもなると思います。

 

 

 

RISU算数の口コミと評判!

塾選びのポイント

 

良い口コミと悪い口コミ、それぞれ集めてみました。

 

良い口コミ・評判は?

・問題の質が良い

・無学年制なのでどんどん先取り学習ができ、やりがいがある

・クリアしたステージには利用料が発生しないので、繰り返し復習できる

・東大生など有名大学のトップチューターからの解説動画やフォローメールがある

・SAPIX(中学受験塾)で上位の子がやっている

・実力がしっかりついて、算数のテストも90点以上が普通になった

・動画解説があるのが解りやすい

・自分で考える力が身に付いた

・集中力がついた

 

 

悪い口コミ・評判は?

・料金体系の確認が必要

・料金がわかりにくい

・他の教科も一緒に学びたい

・タブレットの操作性を向上させてほしい

 

 

RISUきっず・RISU算数は良い口コミや評判通り、問題内容や解説などサービスはとても良いです。

評価を下げている点としては料金がわかりにくいというところ、そしてタブレットの操作性についてあがっていました。

 

操作性については問題を解いている途中で手が当たってしまい不正解のまま次に進んでしまう、ということが度々起こってしまうようです。

 

 

YURIA
YURIA

うちの子ども(小4)は特に何も問題なくタブレット操作ができていますので、不自由は感じていません。

小学校中学年くらいからなら1人でも操作が出来ると思いますが、幼稚園児や低学年などの小さなお子様には、最初慣れるまで保護者がついて見てあげる方がいいかもしれませんね。

 

 

それぞれの理解や進度に応じた内容をやっていくことができる【RISU(リス)きっず・算数】は、幼稚園児から小学生、中学受験を視野に入れた小学生にもピッタリの学習アイテムだと思います。

 

実際に算数オリンピックや大手中学受験塾の上位成績を修める生徒の中には、RISUをやっている人が多いようですよ!

 

スポンサーリンク
子育てブログ中学受験
Yuria's Diary

コメント